山下智久、実業家男性に心酔? 週刊誌が「洗脳疑惑」と報じる

文=田口るい
【この記事のキーワード】

 山下智久がジャニーズ事務所を辞めて半月。「活動拠点を海外に移して現在オファーがある海外作品に参加する」という理由から、10月末に退所していた山下智久だが、8月の未成年飲酒報道による処分として活動を自粛していた最中の退所であることや、事後報告となったこと、亀梨和也とのユニット・亀と山Pのアルバム『SI』がリリース未定のまま辞めたことなど、問題を多く残す去り方となった。

 それでもジャニーズ側は表向き、海外に羽ばたく山下へのエールを送り、前向きな門出を演出している。だが、水面下では何やら不穏な空気が漂う。19日発売の「女性セブン」(小学館)によると、山下は50代の実業家・A氏に心酔しており、周囲は“洗脳状態”を懸念しているという。

 同誌によれば、ここ2年ほどの山下は、打ち合わせ中や撮影中でもA氏と長電話をすることが増え、“山Pの電話待ち”で休憩時間がとられることもあったそうだ。また、A氏からの呼び出しがあれば深夜でも応じていたという。そんな山下の様子に、A氏に洗脳されているのではと心配する声が出ており、山下の独立にA氏がかかわっているとの見方もある。

 ただ、A氏は<彼とは知り合いですけど、仕事やお金の関係は一切ありません><ぼくは教祖だとか、メンターだとか、そういう関係ではないですよ><事務所辞めたのだって事後報告ですから>と、深い関係を否定し、単なる知人であると説明したという。確かに、頻繁に連絡を取って会っていたというだけで、“洗脳状態”と決めつけるのは無理がある。

 山下は何の後ろ盾もなくたった一人で独立したわけではなく、ジャニーズから独立した元マネージャーの飯島三智氏が裏で糸を引いていると見る向きも強い。また、かねてより山下の親友だった赤西仁の“側近”が山下の側についていると言われており、信頼できる仲間が近くにいるのであれば山下も心強いだろう。

洗脳被害経験のToshIは「人生で一番よいときを使ってしまった」と後悔

 芸能界では度々「洗脳騒動」が話題になる。直近では、レギュラー番組『グッとラック!』(TBS系)を突如降板し、所属事務所との契約も解除されたフリーアナウンサーの小林麻耶だ。

 整体師の夫・國光吟氏とのYouTube配信が「奇妙」と話題になっており、國光氏による小林の洗脳疑惑が取りざたされている。「目を覚ましてほしい」という視聴者の声をよそに、小林と國光氏は二人きりだけのラブラブ劇場を繰り広げており、メディアでの仕事からフェードアウトするばかりか、あれほど愛していた姪と甥のいる市川海老蔵一家とも疎遠になってしまったようだ。

1 2

「山下智久、実業家男性に心酔? 週刊誌が「洗脳疑惑」と報じる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。