女子高校生が感じているジェンダー不平等 「美人○○」表現やネット上の嫌がらせ、学校教師の進路指導にも

文=雪代すみれ
【この記事のキーワード】

 発表を聴き、女子高校生たちの関心の高さに驚かされ、筆者が高校生であった約10年前とは熱量が異なると感じた。ジェンダー関係の炎上や、周囲で時代遅れな言動を見聞きし残念に思うこともあるが、若者の熱さに励まされた気がする。若者の関心や熱意が社会に反映されるよう、大人の一人として、彼らの声を聴き発信していきたい。

~ガールスカウト日本連盟よりお知らせ~

 10月11日に開催した本イベント(#じぶん部 女子高校生調査2020発表)を見たいというご要望にお応えして、現在、公開用動画を制作しています(12月公開予定)

 ガールスカウト日本連盟に所属する高校生3人のプロジェクトでは、「料理するのは“お母さん”だけですか?ファミリーマートの『お母さん食堂』の名前を変えたい!!!」という署名を始めました。プロジェクトの趣旨など詳しくは署名サイトをご覧ください。

署名サイトはこちら

●ガールスカウト日本連盟が主催する今後のイベント情報

・2021年10月9日・10日
国際ガールズメッセ「私の声から広がる社会」開催

・2022年3月から 全国10か所にて
ガールスカウト日本連盟100周年記念「女の子が世界を変える」インターナショナルキャンプの実施

※詳細はガールスカウト日本連盟ホームページで公開予定

1 2 3

「女子高校生が感じているジェンダー不平等 「美人○○」表現やネット上の嫌がらせ、学校教師の進路指導にも」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。