ワンオクTakaと森進一の父子確執と和解 厳しい教育方針、荒れた私生活も

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
ワンオクTakaと森進一の父子確執と和解 厳しい教育方針、荒れた私生活もの画像1

TakaのInstagramより

 松本人志と中居正広がMCを務める特番『まつもtoなかい~マッチングな夜~』(フジテレビ系)で、歌手の森進一と息子のHiroが親子初共演する。

 Hiroは森進一と森昌子の間に生まれた三男で、2002年から2005年までジャニーズJr.として活動。2011年からはロックバンド「MY FIRST STORY」を結成し、ボーカルとして活躍中している。

 昨年9月に出演した音楽番組では松本人志からトークスキルを絶賛され、今年7月には『ワイドナショー』(フジテレビ系)にコメンテーターとして出演したHiro。ミュージシャンとしてだけでなく、タレントとしての才能も開花しそうだ。なお、森進一と森昌子は2005年に離婚している。

 そんな多彩な才能を誇る森進一一家には、もうひとり忘れてはならない人物がいる。長男であり人気ロックバンドONE OK ROCKのボーカルTakaだ。今でこそツーショット写真をInstagramにアップするなど仲睦まじい様子のTakaと森だが、二人の間には長年、確執があったという。

森進一はTakaを勘当していた

 Takaが元ジャニーズということは有名だ。ジャニーズJr.時代からTakaの美声は評判で、森進一の代表曲『襟裳岬』をテレビで披露したこともあった。そして、2003年には山下智久や錦戸亮、手越祐也らと共にNEWSとしてデビューを果たす。

 しかし結果的に、Takaはわずか3カ月でグループを脱退した。表向きは学業を優先させるためだったが、当時のTakaは15歳にもかかわらず、女性とのツーショット写真や喫煙、飲酒疑惑が週刊誌で取り上げられるなど私生活が荒れており、こうしたスキャンダルが脱退の原因だと言われている。

 もともと森家の教育方針は非常に厳しく、家族での食事の際は父が最初に箸を付けた、長男、次男、三男の順番といったルールまであったそうだ。NEWSを脱退した後、Takaが「音楽で生きていく」と高校を1年生で中退すると、森は激怒。2016年の「女性セブン」(小学館)によると、森はこの時にTakaを家から追い出し“勘当”したという。

 しかし、勘当はしたもののやはり自分の息子であり、森はTakaが青山のスナックでバイトをしていると聞きつけると内緒で会いに行き、生活費として5万円を渡したこともあったようだ。

 そんな森の陰ながらの応援も受け、Takaは2005年にONE OK ROCKのメンバーに。翌年には大手芸能事務所アミューズと契約をし、2010年には日本武道館公演を開催するまでに成長。さらにバンドは飛躍を遂げ、現在では世界的なワールドワイドな活動をしている。

1 2

「ワンオクTakaと森進一の父子確執と和解 厳しい教育方針、荒れた私生活も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。