ワンオクTakaと森進一の父子確執と和解 厳しい教育方針、荒れた私生活も

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 音楽で成功を収めたTakaは、今ではすっかり森との確執も無くなったようだ。2017年の森のコンサートでは、Takaが音声で感謝のメッセージを贈っている。

<僕が生まれてから弟が生まれて、そしてさらに弟が生まれて、ずっと厳しい父親だった印象があります。それでもしっかりと家族を第一に考えている姿勢というか、そういうものは小さいながらに何となく感じていて、さらに最近は、自分も来年は30歳になるので、年を重ねていくごとに父親の偉大さ、素晴らしさ、優しさを感じて生きている日々でございます>

 メッセージを聞いた森は、照れながらも嬉しそうに<どこか理屈っぽいところが僕と似ているのかなと思います>と話していた。

 ちなみに、森進一と森昌子は2005年に離婚しているが、Takaと母は今も良好な関係で、2019年に森昌子が芸能活動引退を発表した際には、「母さんお疲れさまでした」とねぎらいのメールを送ったそうだ。

1 2

「ワンオクTakaと森進一の父子確執と和解 厳しい教育方針、荒れた私生活も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。