痛くてだるい生理は治療できる。低用量ピルの正しい情報を発信するプロジェクト「Shift P」

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】

痛くてだるい生理は治療できる。低用量ピルの正しい情報を発信するプロジェクト「Shift P」の画像1

 生理のときの全身のだるさや、耐えがたいほどのお腹や腰の痛み、頭痛、多すぎる経血……どれも「生理現象なんだから仕方ない」と諦めていませんか? そのつらさ、決して我慢する必要なんてありません。

 株式会社メディパルホールディングス(以下、メディパル)と株式会社エムティーアイ(以下、エムティーアイ)は11月19日、月経困難症の治療を支援するプロジェクト「Shift P(シフトピー)」の特設サイトを開設しました。

 日本国内における月経困難症の患者数は推定で800万人以上おり、低用量ピルは月経困難症の有効な治療法の一つですが、「避妊のためのもの」「副作用が辛い」といったイメージが根強く、社会からの理解が進んでいません。

 「Shift P」というプロジェクトタイトルは、“Pill(ピル)”のイメージを変えていきたいことに加え、“Period cramps(生理痛)”“PMS(月経前症候群)”“PMDD(月経前不快気分障害)”など、“P”の概念を「悩まないもの」に変えていきたいという思いを込めて命名されたそうです。

 服薬支援だけでなく、ピルの正しい情報を発信することで「ピルという選択肢」の理解促進を図り、多くの女性が健康で自分らしく過ごせる社会の実現につなげていくことを目指しています。

 具体的な取り組みとしては、健康情報サービス「ルナルナ」によるピルの服薬通知や薬剤情報の提供、「ルナルナ」の記録を患者さんの了承を経て医療従事者が閲覧できる「ルナルナメディコ」を活用した患者さんに寄り添えるサポートの仕組み作りなどなど。今後はピル服薬患者さんの実態調査、ピル服薬における課題の統計分析などの実施も検討していくとのことです。

▼Shift P(シフトピー)

「痛くてだるい生理は治療できる。低用量ピルの正しい情報を発信するプロジェクト「Shift P」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。