ローラはフワちゃんが嫌い? 対談が放送事故レベル「何かが合わないの」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
ローラはフワちゃんが嫌い? 対談が放送事故レベル「何かが合わないの」の画像1

ローラInstagramより

 フワちゃんとローラが、21日放送の特番『土曜プレミアム・まつもtoなかい ~マッチングな夜~』(フジテレビ系)で初共演したが、最後まで噛み合わず、放送事故ギリギリの“笑えない時間”が流れた。

 番組では松本人志と中居正広が、「トークを見てみたい」とマッチングした組みあわせの二人が複数登場したが、一番盛り上がらず尺も短かったのが、フワちゃんとローラだ。2015年からアメリカ・ロサンゼルスを拠点にし、日本のテレビには滅多に登場しなくなったローラ。一方のフワちゃんは日本のテレビシーンを席巻する今年の顔だ。

 どちらもハッピーなハイテンションの「タメ口」キャラという共通点がある二人のマッチングだったが、これが全く合わなかった。先輩であるローラはとっくに日本を離れており、フワちゃんは(YouTuberでもあるものの)日本限定のテレビタレント。ローラは事前に映像でフワちゃんを見たものの、「あんまり詳しく知らないの」とつれない。

 フワちゃんのボケに笑顔を見せずキョトン顔で「えー、そうなんだ」としか言わないローラ。口元は笑顔でも、目が笑っていないのだ。ローラは30歳でフワちゃんは26歳と意外と年齢は近いが共通の話題も特になく、フワちゃんは雑誌モデルをしていた頃からローラのファンだといい、「いつも明るくてハッピーで太陽みたいな人」と褒めちぎった上で「マンゴーみたい」と小さくボケたが、ローラは全く嬉しそうではなく「うん、私、マンゴーも大好き」。

 冷え冷えの空気にフワちゃんも怖くなったのか、タメ口キャラなのにしばしば敬語に。フワちゃんが小学生時代にロスに住んでいたこと、ヨガをやっていることなど共通する会話の糸口もなくはなかったが、フワちゃんの投げるボールをローラは受け取らずトークは噛み合わない。

 最終的にフワちゃんは松本にSOSを出したが、ローラもローラで頭上に手をかざして困惑の表情を浮かべ、何度も「合わない感じ」「何かが合わない感じがするの」と、中居に説明していた。

 この対談では“バラエティノリに迎合してフワちゃんをイジる、少しお姉さんなローラ”を期待されていたのかもしれないが、ローラとしてもどう振る舞って良いのかよくわからない様子に見えた。かつてのように頬をぷくっと膨らませたり舌を出したり、といったいかにも「ローラらしい」動きを連発するのも、日本でよく知られる「ローラ像」を演じようとしているようだった。この収録をした日、ローラは3本のテレビ収録を詰め込んでいたそうだが、疲れていたのだろうか。

 一方のフワちゃんも、日頃笑いを生んでいるのはテレビの“お約束”があってこそだったとわかってしまい、傷を負ったようだ。結局のところ、一人で盛り上げようとしてもダメで、ガヤ芸人なども含めた盛り上げの構図こそが「テレビ」では重要なのだろう。

「ローラはフワちゃんが嫌い? 対談が放送事故レベル「何かが合わないの」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。