てんちむ銀座高級クラブで荒稼ぎ YouTuberやファンの豪遊が凄まじい

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 豊胸炎上で一時期はYouTuber引退も匂わせたてんちむが、今は週7日で働き詰めの生活を送っているという。月~金曜日は銀座のクラブ「Nanae」に出勤。土日は六本木の「バーレスク東京」で踊る。その合間にYoutube撮影をこなすという、なかなかハードなスケジュールだ。

 てんちむは「豊胸なしの自分の努力でバストアップ」したとして、育乳をサポートするバストケア商品のプロデュースを数々手掛けていたが、10年来の親友だったかねこあやにより、バストアップは豊胸手術によるものだとバラされ、大炎上。バストケア商品の返品に対する問い合わせは4万件にのぼっており、てんちむは自腹で返金するため、銀座勤めを開始した。

 「豊胸詐欺」と大きく批判された炎上を経て、謝罪のうえ復帰したてんちむを応援する仲間やファンは多いようで、クラブ「Nanae」には連日彼らが訪れて大金を落としている。人気YouTuberヒカルもてんちむの誕生日に合わせ、VIPルームを予約していた。

 真っ赤なドレス姿で現れたてんちむは「ヒカル様! 本日はお忙しい中、足をお運び頂いてありがとうございます。愛天華(あい・てんか)でございます」と、よそゆきのセリフでヒカルを出迎えた。「Nanae」はさすがの高級店で、飲み物は最低5万円~だ。最高額はロマネコンティのマグナムサイズで2500万円。ちなみに席料はVIPルームが20万円。通常のセット料金は約4万円である。

 ヒカルも「ここに来れる人ってのはよっぽど経済力がないときついんじゃないかなあ」「ここは20代で来るにはちょっと早いな」と居住まいを正すほど、VIPルームの高級感に圧倒されていた。しかし金持ちYouTuberヒカルはこの日、相当な額を使うと決めてきたようで、漫画を読んで知ってからずっと憧れていたという『ルイ13世』(店内価格130万円のブランデー)を頼んだ。

 重厚な赤い箱に入った『ルイ13世』がテーブルに届くと、「お金持ちがお酒頼む理由わかってくるわ」「これ頼んで(女の子が)喜んでくれたら嬉しいなってなるもん」と笑うヒカル。てんちむは「やったあああああああ!!!!」と椅子の上で足をバタバタさせ、スタッフに止められるほど喜びを爆発させた。さらに、ケーキとプレゼントをもらった時にはうれし涙を見せるてんちむ。「私、絶対忘れないですね!今回の恩本当に!ヒカルさんが困ったら私絶対助ける、本当に」「言ってくださいね。言わないと思ったら私が勝手に助けに行くわ」と、何度も感謝を示していた。

 ヒカルは「てんちむはやっぱ愛されとるから味方が多いっていうのをやっぱもうこういうこと(ホステス)をやった時思うと思うで。もうみんな来てくれるやろうし、普通に足運ぶやろうし」と言っていたが、実際にてんちむは出勤3日で常に満卓だったという。ヒカルと話している間も予約客が次々訪れ、たびたび席を外していた。

1 2

「てんちむ銀座高級クラブで荒稼ぎ YouTuberやファンの豪遊が凄まじい」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。