KAT-TUN上田竜也が興奮しすぎ? 生放送で “中指”ポーズ「常識ない」と批判!

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
KAT-TUN上田竜也が 中指立て「常識ない」と批判! 生放送で興奮しすぎかの画像1

Johnny’s netより

 11月25日に放送された大型音楽番組『音楽の祭典! ベストアーティスト2020』(日本テレビ系)で、パフォーマンス中にKAT-TUNの上田竜也が“中指を立てる”場面があり、物議を醸している。

 嵐の櫻井翔が司会を務め、多くのジャニーズ所属グループが出演する『ベストアーティスト2020』では、「今聴きたい! 国民が選んだジャニーズメドレー!」と題したコーナーが恒例。ジャニーズソングを別のグループがカバーするコーナーだ。

 20時代に放送した「ジャニーズメドレー・パート1」で、NEWSはSixTONESの『Imitation Rain』、Hey! Say! JUMPはKing & Princeの『シンデレラガール』、関ジャニ∞はNEWSの『weeeek』を歌唱し、コーナーのトリを飾るKAT-TUNが嵐の『感謝カンゲキ雨嵐』をカバー。

 櫻井翔のラップパート、通称サクラップは上田竜也が担当したのだが、上田は気合たっぷりのオラオラ系アレンジを加えており、カメラに向かって一瞬、中指を立てるポーズをしてしまった。

 上田のパブリックイメージを裏切らないパフォーマンスに、ファンは「治安悪すぎて笑った」「上田くんは今日も尖ってた!」と歓喜。中には「上田くんならテレビで中指立てても許される!」というコメントもあるものの、上田の行動を残念がる視聴者も少なくない。「常識ある人だと思ってたのにガッカリ」「中指はアウトでしょ」と否定的な意見も噴出し、賛否両論を呼ぶ事態になっている。

上田竜也は櫻井翔への愛で暴走?

 上田竜也の“治安の悪すぎるラップ”や態度は、敬愛する櫻井翔への思いが爆発し、興奮を抑えきれなかったためだと見られている。

 上田は櫻井を慕うジャニーズタレントの集い「アニキ会」の筆頭で、NEWSの増田貴久、Sexy Zoneの菊池風磨らと共に、櫻井を愛してやまないメンバーとしてテレビ番組でも思いの丈をたびたび語っている。

 上田が一番辛かった時期に、櫻井が優しく気遣ってくれたことが距離を縮めるきっかけになったそうで、2018年放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)にKAT-TUN3人で出演した際にも、やはり話題は上田と櫻井の仲についてに終始した。

 中丸雄一が<(上田は)後輩も先輩もそんなツルむタイプの人間じゃなかったんですよ。本当に珍しいなと思ったんですよね>と意外がると、上田は<これはもう、生涯変わることはないと思うんですけど、アニキだけなんですよね。きっと>と熱弁。今まで先輩と食事に行ったことがなかったという上田だが、<僕の初めてはアニキが奪った>と明かしていた。

 上田にとって櫻井翔は唯一無二のアニキ。そのアニキが司会として見守る場で、アニキの担当パートを任される。こんなに嬉しいことはなかったのかもしれない。

1 2

「KAT-TUN上田竜也が興奮しすぎ? 生放送で “中指”ポーズ「常識ない」と批判!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。