錦戸亮、抹消された「エグイ報道」 “へべれけ合コン”はYouTubeで否定も

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
錦戸亮、ジャニーズ事務所に守られ抹消された「エグイ報道」 へべれけ合コンYouTubeで否定もの画像1

NO GOOD TV – 「Vol. 21 | RYO NISHIKIDO & JIN AKANISHI」より

 錦戸亮と赤西仁が週刊誌の“合コン報道”をYouTubeでネタにし、話題となった。

 赤西と錦戸がネタにしたのは10月に「女性のセブン」(小学館)が報じた<錦戸亮 武道館ライブ前夜にモデル風美女とへべれけ合コン撮>という記事のこと。錦戸は男性1人、女性2人と都内の居酒屋を2件はしご。2件目を出た錦戸は酔っぱらった女性の手を握りエスコートしながら二人でタクシーに乗ったものの、ひとりで家路についたという内容だ。

 赤西は、共同YouTubeチャンネル「NO GOOD TV」に投稿した動画で、合コン報道は事実なのかと錦戸を問い詰めた。というのも、二人は共同プロジェクトを始動するにあたり契約書を交わしており、そこには<週刊誌に撮られたら10万円以下の罰金ただし2回目以降は倍の額とする>との条件も明記しているからだ。

赤西<合コンは、合コンだったの?>
錦戸<合コンはしてないよ。普通に友達やん。飯食っただけやん>
赤西<『女性の手を取りエスコートしつつ』って書いてあるよ>
錦戸<優しくない? だって危ない危ないって(手を)持ってあげるだけやん>
赤西<まぁ、これはやるよね>

 赤西は錦戸が女性と一夜を共にしていないことを確認し、“合コン報道”をフェイクニュース認定。それでも「週刊誌に撮られた」ことは事実なので、罰金10万円の支払いは確定のようだ。

 週刊誌による“合コン報道”をネタにした二人に、ファンたちは「週刊誌はフェイクニュースをまき散らすな」と怒り、同時に「週刊誌をネタにするの最高!」「真実をちゃんと話してかっこいい」と歓喜。ファンの多くは、錦戸の言い分を信用しているようだ。

錦戸亮のスキャンダルをスルーし続けたジャニーズ事務所

 錦戸亮にはジャニーズ事務所時代、合コンよりも“エグイ”週刊誌報道が何度もあった。

 たとえば2018年8月、錦戸が関西在住の既婚20代女性と6年間に渡り不倫関係にあったと「FRIDAY」(講談社)が報じた件がそれだ。二人の出会いは2012年、大阪のクラブで錦戸の方から女性をナンパしたそうだ。誌面には錦戸が半裸で熟睡する写真も掲載されていた。

 「FRIDAY」は同年9月に、またしても錦戸の寝顔写真付きで、彼の不誠実な女性関係を報道。内容は錦戸と肉体関係を持ったという名古屋市在住の女性による“怒りの告発”であった。女性によると、友人の誘いで女性は錦戸が滞在するホテルでの飲み会に参加し、王様ゲームによって、錦戸と部屋に二人きりにさせられたという。

1 2

「錦戸亮、抹消された「エグイ報道」 “へべれけ合コン”はYouTubeで否定も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。