SixTONES田中樹がSKY-HIと和解!“盗作”告発され「本当に好き、リスペクト」伝え素直に謝罪。「抗議や訴訟はしません」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
SixTONES田中樹がSKY-HIと和解、盗作疑惑で「抗議や訴訟はしません」の画像1

SixTONES「1ST」

 SixTONES・田中樹が、SKY-HIことAAAの日高光啓によるリリック(歌詞)を盗作したという疑惑について、当人同士で話し合い、和解したことをそれぞれ報告した。

 発端は11月26日に日高がTwitterで<アイドルの子が俺のリリックパクってライブしてるのは見た事あるけど、普通に連絡くれりゃいいのにな、とは思う。無断でやらんでも笑>と投稿したこと。

 するとSixTONES・田中樹がまだJr.だった2018年に披露したオリジナル曲のラップが、SKY-HIのラップと酷似していることが発覚。具体的には、田中が「Summer Paradise2018」で披露したオリジナル曲『若芽吸う譜(ワカメスープ)』の高速ラップが、2016年にラッパーのKEN THE 390がリリースした『Turn Up feat.T-PABLOW,SKY-HI』のSKY-HIソロパートと瓜二つだった。

  SKY-HIはその後も、<全然ええんやけど、使うんなら使うで連絡して! あとクレジットかシャウトアウトで俺の名前入れて!! まるで自分の歌詞みたいに歌うやん!!!とは思う笑><あっ聴いてくれてんだな、練習したのかなって思うと普通に嬉しいし、二次創作的な物は推奨したいから複雑だけどね笑 完全カバーとかコピーとか意義的なサンプリングって訳じゃないからむむむとは思ったけどせめて連絡くれたら嬉しいしなんなら新しく書くわ>と連投。

 ネット上では「盗作はよくない」と田中への批判が相次ぎ、炎上状態となった。同時に、個人名を伏せつつ調べればすぐわかることをあえてTwitterで告発した日高にも、「本人に直接言えばいいのに」と批判の声が向かった。

 最終的に日高は、<連絡欲しかったなぁ、ってくらいだし、思う所ゼロじゃないだけで全く怒ってはないし聴いてくれてるって嬉しさもあるんで 皆もどこかで使う時は教えてね出来る範囲の協力はするのでって感じでの  ザワついた人はごめんね、自分は曲聴いてもらえたらそれが嬉しいので俺の代わりに怒らんで下さい笑>と穏便に収めるツイートをしていた。

 そして11月30日、日高は一連のツイートに連なる形で新しく「3日前の件」と、メモ画像を投稿。そこには<こちらの件、本人から連絡が来て、和解しました>と書かれている。

1 2

「SixTONES田中樹がSKY-HIと和解!“盗作”告発され「本当に好き、リスペクト」伝え素直に謝罪。「抗議や訴訟はしません」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。