柴咲コウとムロツヨシの熱愛は「もう少し距離感があったら…」親族並に近すぎる関係を告白

【この記事のキーワード】

 柴咲コウが、自身の楽曲「BIRTH」のMVの公開に先駆けて、ムロツヨシとの対談を自身のYouTubeチャンネルで公開。以前から「親族」と言い表すほど仲良しの柴咲コウとムロツヨシ。「BIRTH」を制作するにあたり、柴咲コウはムロなら曲の根幹を共感共鳴してくれると思い、オファーしたそうだ。

 柴咲は「言葉で説明して、『分かりました、じゃあこういうのを撮ればいいんですね』ってそういう表面的なことではなくて、もっと心理的な深い部分、核の部分を分かってくれる人だと思ったから」と、ムロに全面的な信頼を寄せていることを明かした。

 2人が最初に出会ったのは、月9ドラマ『ガリレオ』(フジテレビ系)。ただし、メインキャストの柴咲と違い、ムロは「聞き込みされる人C」のようなちょい役だった。ムロは待ち時間に柴咲を遠目に見て、「わあ、すげえ。柴咲コウが座ってる」と思ったそうだ。そこから映画『少林少女』『大奥』と共演したものの、2人が会うことはほとんどなかった。

 はじめて会話したのは、『大奥』の試写室で。柴咲が「すっごい気持ち悪かったです!」とニコニコしながらムロに話しかけたのだという。もちろん、それは「役柄にハマっていた」という意味で、柴咲にとっては最大級の褒め言葉だったそうである。

 その後、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』で再共演。1年以上に及ぶ撮影でキャストたちは仲良くなり、とくに柴咲はムロの家に行くほど一気に距離を縮めた。ちなみに、ムロの家には新垣結衣や黒木華もよく遊びに来るという。

 ムロは「(柴咲と)仲良くなりすぎちゃった。もう少し距離感があったら男と女の関係になれた可能性があったかもしれないけど」と冗談めかしていたが、そんな未来はあり得たのだろうか。

1 2

「柴咲コウとムロツヨシの熱愛は「もう少し距離感があったら…」親族並に近すぎる関係を告白」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。