竹内涼真が好感度急落を吐露!「二面性報道」で激変したイメージ

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

竹内涼真、三浦春馬さんや芦名星さんの訃報後にSNS投稿で物議

 女性問題の報道で“好青年”のイメージがガラリと変わった竹内涼真。今年9月には、TwitterにSNSに対する考えを綴り、波紋を広げた。

<訳のわからない噂、情報に、ネット民がたかるのは、まぁ自由だから良いんだけどさ なんかつまんないんだよね 暗いよ! もっとsnsポジティブにやろうぜ!笑 本来もっと楽しく情報交換する場所でしょ。笑 そう思うのだけれどなぁ>

 実はこの投稿の前日には同じ芸能事務所ホリプロに所属する先輩で、ドラマ『テセウスの船』(TBS系)でも共演した芦名星さんの自死が明らかになっていた。そのため、竹内への「能天気」「ふざけすぎて腹が立つ」といった批判が噴出した。

 来年1月からは主演ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビとHuluの共同制作)の放送もスタートする竹内。急落したイメージは作品で挽回するしかないだろう。

1 2

「竹内涼真が好感度急落を吐露!「二面性報道」で激変したイメージ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。