松本潤、主演『99.9』が映画化決定か 「引退しません」明言で優しさ全開

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 嵐・松本潤の主演ドラマ『99.9-刑事専門弁護士-』(TBS系)の映画化が決定したと、12月1日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。

 記事によると、劇場版『99.9-刑事専門弁護士-』は早ければ来夏以降に撮影開始の予定。また、松本は親交の深い小栗旬や生田斗真が主演舞台を経て俳優としてキャリアアップしている姿に大きな影響を受けており、嵐が活動休止に入る来年は舞台への出演を希望しているとも伝えられている。

 松本といえば、嵐休止後の活動が不透明だとしてファンから心配の声があがっていた。嵐のレギュラー番組『VS嵐』(フジテレビ系)、『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)は、来年から番組名や内容をリニューアルした上で、それぞれ相葉雅紀と櫻井翔が引き継ぐことが明かされたが、松本のレギュラー番組は実質的に消滅。

 そのため、ファンからは「来年から潤くんをみられなくなるの?」といった不安の他、松本が以前から後輩ジャニーズの育成やステージ演出に力を入れていることから「裏方に専念するつもり?」と懸念が漏れていた。

 そうしたファンの不安を払拭するためだろう、松本は12月1日に有料会員ブログ「Enjoy」を更新し、<来年以降のことを心配している僕のファンの皆さまへ。><発表している事は何もありませんが、私、引退しません笑>と明言した。現在は大晦日の嵐の生配信ライブに全集中しており、その先のことは未定だというが、<なので、心配しないでー(キラキラの絵文字)>とファンを優しく気遣った。

1 2

「松本潤、主演『99.9』が映画化決定か 「引退しません」明言で優しさ全開」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。