IZ*ONE「解散しないで」悲鳴も活動延長は難しい…NiziUブレイクも影響か

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 また、日本においてはNiziU登場以降、音楽シーンの勢力図が大きく入れ替わってしまったというのも大きい。

 新型コロナウイルスの影響によりIZ*ONEが日本でイベントやコンサートを行うことができなくなったタイミングで『Nizi Project』(Hulu)が大きな注目を集め始め、番組から生まれたNiziUはデビュー前から大ブレイク。「Make you happy」は2020年を代表するヒット曲になった。

 両者はメンバーの国籍比率などの違いはあるが、「J-POPとK-POPの融合を試みた日韓合同オーディション番組から生まれたグループ」というコンセプト面で共通しており、ターゲットとしているファン層も似ているため、NiziUのブレイクによりIZ*ONEの存在感が薄れてしまった印象だ。今年は『NHK紅白歌合戦』への切符もIZ*ONEではなく、NiziUが獲得している。

 活動延長を望むファンには残念なことだが、IZ*ONEメンバーは次のステップをそれぞれ踏み出すことになるだろう。しかし今後の活動がどうあれ、日韓関係が「史上最悪」とまで言われた状況下で両国のアイドルファンに愛されるグループとなったIZ*ONEの功績は誰もが認めるところだろう。

1 2

「IZ*ONE「解散しないで」悲鳴も活動延長は難しい…NiziUブレイクも影響か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。