佐藤健を満島ひかりが相手役に「指名」! こだわり抜かれたキスのフォームに紳士的なケアがすごい

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

満島ひかりと佐藤健

 満島ひかりと佐藤健がW主演を務めるドラマ『First Love 初恋』がNetflixで制作されることがわかった。宇多田ヒカルの代表曲『First Love』(1999年)と『初恋』(2018年)にインスパイアされた作品で、1990年代後半、2000年代、現在の3つが交錯し、ある男女の約20年にわたる“初恋”の記憶がつづられるそうだ。

 フライトアテンダントを目指すも不慮の事故で運命に翻弄される「野口也英」を満島ひかりが、航空自衛隊のパイロットになるも現在は違う道に進む「並木晴道」を佐藤健が演じる。

 満島ひかりが同作に寄せたコメントによると、佐藤健の出演は満島直々の指名だという。“ドキドキする”キャスティングとして「佐藤健さんはどうかな?」とスタッフやプロデューサーに提案し、話が進んだそうだ。

 満島ひかりは一体なぜ、佐藤健を指名したのだろうか?

佐藤健のラブシーンが放つとんでもない魅力

 佐藤健は同年代の実力派俳優の中でもひときわキスシーンが綺麗なことで有名だ。落ち着きのある低温ボイスと丁寧な身振りに魅了される視聴者は非常に多い。

 佐藤自身、キスシーンへのこだわりが強いようで、今年3月に配信した「SUGAR」では、映画『るろうに剣心』シリーズで鍛え上げたアクションシーンをキスシーンに応用していると告白。アクションシーンにしろキスシーンにしろ、<左手が死んでちゃダメ。左手は鞘の位置>で、空いている手をどう見せるかが重要だと力説していた。

 また、ラブシーンの撮影は役者の緊張も大きいが、佐藤は共演者へのフォローを欠かさないようだ。

 今年8月放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)にゲスト出演した高橋メアリージュンは、以前映画で佐藤と共演した際、自分は佐藤とのキスシーンはなかったものの、<ケアが本当に紳士的で、(自分自身は佐藤との)キスシーンないけれど、このままだったら「キスできるわ」って思って><グルーヴができているんですね>と絶賛していた。佐藤が“共演者キラー”と言われるのも納得だ。

 満島ひかりもこうした佐藤の能力や評判を考慮し、キャスティングを提案したのかもしれない。

1 2

「佐藤健を満島ひかりが相手役に「指名」! こだわり抜かれたキスのフォームに紳士的なケアがすごい」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。