格安スマホの満足度1位は「イオンモバイル」、決め手は「分かりやすさ」

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
格安スマホの満足度1位は「イオンモバイル」、決め手は「分かりやすさ」の画像1

GettyImagesより

 NTTドコモが2021年3月から新料金プラン「ahamo(アハモ)」をスタートさせると発表し、話題になっています。ahamoは月間20GBのデータ通信量・1回あたり5分間の無料通話がセットで、月額2980円(税別)とのことです。

 いよいよ値下げ戦争の火蓋が切られた通信業界。そんな中、株式会社oricon MEが「格安SIM」「格安スマホ」についての満足度調査を実施し、その結果を公表しました。

 総合ランキングでは「格安SIM」で「BIGLOBEモバイル」(ビッグローブ株式会社)が初の1位獲得、「格安スマホ」は「イオンモバイル」(イオンリテール株式会社)が2度目の1位獲得となりました。

格安スマホの満足度1位は「イオンモバイル」、決め手は「分かりやすさ」の画像2

「格安SIM」総合1位:BIGLOBEモバイル

 「格安SIM」総合1位の「BIGLOBEモバイル」は、8つの評価項目のうちの6項目「加入手続き」「繋がりやすさ」「プランの充実度」「初期設定のしやすさ」「保証サービス」「付帯サービス」でもトップ評価を得ています。

 利用者からは、「料金プランが分かりやすくて、月額の料金を大きく節約できるようになったことに満足している」「加入後半年間のエンタメフリーオプション無料、加入月から3ヶ月割引などが良かった」との声が寄せられました。

格安スマホの満足度1位は「イオンモバイル」、決め手は「分かりやすさ」の画像3

「格安スマホ」総合1位:イオンモバイル

 「格安スマホ」総合1位の「イオンモバイル」は、9つの評価項目のうち6項目「加入手続き」「繋がりやすさ」「プランの充実度」「保証サービス」「サポートサービス」「コストパフォーマンス」でトップでした。

 利用者からは、「家族とパケット共有出来るプランがあり、二人分でちょうど良いギガ数が選べた点が良かった」「設定や使い方を電話サポートで教えてもらえるので便利だった」との声が寄せられています。

格安スマホの満足度1位は「イオンモバイル」、決め手は「分かりやすさ」の画像4

 なお、「格安SIM」「格安スマホ」両調査の回答者が「サービスの利用を決めた理由」(複数回答)で最も多かったのは、「月々の支払いが少なくなるから」(63.7%)でした。一方で、「最も重視した項目」(複数回答)は「料金プランの分かりやすさ」52.3%が最多となっています。複雑なサービスほど利用者に不親切なものはありませんから、シンプルで分かりやすいことがもっとも重視されるのは当然と言えるかもしれません。

▼調査概要
「2020年 オリコン顧客満足度®調査 格安SIM/格安スマホ」
サンプル数:<格安SIM>1,349人/<格安スマホ>925人
調査企業数: <格安SIM>34社/<格安スマホ>22社
規定人数:100人以上
調査期間:2020年7月14日~8月3日
調査対象者:性別指定なし/18~84歳で、以下すべての条件を満たす人
(1)<格安SIM>過去1年以内に、MVNOの公式サイトまたは店舗でSIMカードを新規(他社からの乗り換え含む)で購入し、開通設定を行った人 <格安スマホ>過去1年以内に、MVNOの公式サイトまたは店舗でSIMカードとSIMフリー端末を新規(他社からの乗り換え含む)で同時購入し、開通設定を行った人
(2)1ヶ月以上継続して利用している/利用したことがある人
(3)サービス選定に関与した人
(4)料金を把握している人 ただし、法人での利用は対象外とする

「格安スマホの満足度1位は「イオンモバイル」、決め手は「分かりやすさ」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。