EXITが『M-1』予選落ちで観客を「お笑い通ぶった自称お笑いファン」と罵倒

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 人気お笑いコンビ・EXITが『M-1グランプリ』準々決勝敗退を受けて、自身のYouTubeチャンネル「EXIT Charannel」で現在の心境を語った。『M-1』の予選に来る観客を「自称お笑いファン」呼ばわりしたことで、視聴者から反発の声が上がっている。

 EXITは去年、「死ぬほど営業に行き」、何度も舞台に立ち、ネタを練り上げていったものの「駄々滑り」で準々決勝敗退。「これで勝負するぞ!」と自信を持っていただけに、自分たちを全否定されたような気分になったという。しかし今年はネタを「3~4回しか試していない」のに準々決勝までいけたと言い、兼近はこのことから、『M-1』の予選を見に来る観客をこき下ろした。

「『M-1』の自称お笑いファン。お笑い通ぶった自称お笑いファンが集まってるじゃないすか、『M-1』って。本当のお笑い好きじゃないというか。その人たちが意地でも笑わないみたいな顔してました」

「こいつらのこんなネタで笑うわけない、みたいな顔で俺らのこと見てました。奴ら、お笑いが好きなんじゃなくて、お笑いが好きと言ってる自分に酔っている人達ですから。人気者を叩くことで自分がお笑い分かってると思われたい人たちですから」

「尖ったというか。普通の人が笑うことじゃないことで笑いたい人たちの大会ですから。序盤なんて特に」

「そういう人たちから見たら、やっぱり営業でウケるネタはベタだし『何見せてくれてんだ!』と思っちゃったんでしょうね」

 なかなかひどい言い草だが、兼近はEXITが笑ってもらえない理由を「テレビに出ているから」とも分析している。

1 2

「EXITが『M-1』予選落ちで観客を「お笑い通ぶった自称お笑いファン」と罵倒」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。