松本人志の激怒で日テレが口止めか 渡部建「公開処刑」の真相

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 日テレとしては、話題性獲得のため渡部には絶対に出てほしかったのだという。同番組での不倫禊ネタはこれまで成功しており、なんだかんだ批判があっても視聴率が取れることは間違いないからだ。

「人力舎もこの番組を経由してTOKYO MXでの復帰を検討していたと聞きました。ただ、それは流れてしまいそうですね。しかし、あれだけ追い詰められても最後まで口を割らなかった渡部さんに、日テレは大きな貸しを作ったことになるので、本格的な復帰は日テレが請け負うだろうと見られていますね。

 そもそも日テレは人力舎とも、妻の佐々木希の所属するトップコートとも良好な関係を続けたい。人力舎もトップコートも人材豊富なので、局としては穏便に処理を……と思っていたらしくて。人力舎はギャラもそこそこですし、使い勝手のよい芸人が多くいるんです。トップコートは、来年の四月から杏のドラマ『花咲舞が黙ってない』がまた始まりますし、中村倫也、菅田将暉、松坂桃李という使いたい俳優陣が目白押しなので、怒らせちゃダメなんですよね」(前同)

 日テレには渡部がレギュラー出演していた『行列ができる法律相談所』もある。何も解決しない会見だったとはいえ、「気持ち悪いけど、そこまで責められること?」と同情票も集まりつつあり、渡部側にはメリットもあったようだ。

1 2

「松本人志の激怒で日テレが口止めか 渡部建「公開処刑」の真相」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。