『嵐にしやがれ』5人旅で彷彿、「SMAP5人旅」感動の旅路を振り返る

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
『嵐にしやがれ』5人旅で彷彿、「SMAP5人旅」感動の旅路を振り返るの画像1

SMAP

 2020年いっぱいで活動を休止する嵐。いよいよ“フィナーレ”を感じさせる企画が次々と明らかになり、ファンの切なさを後押ししている。だがそのひとつである『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)最終回の予告内容が、一部で物議を醸した。

 『嵐にしやがれ』は12月26日放送の4時間生放送をもって最終回となるが、この最終回に「5人だけの旅」企画があることが判明。SMAPのファンから「パクリ企画ではないか」と批判する声が相次ぐこととなった。

 「SMAPの5人旅」とは、2013年4月に放送された『SMAP×SMAPはじめてのSMAP5人旅スペシャル』(フジテレビ系)のことだ。SMAPが解散した今では伝説となった映像で、ファンの間では「本当に感動した」と語り継がれているものである。どんな内容だったのかを振り返りたい。

最初は全員が嫌そうだった「SMAP5人旅」

 『SMAP×SMAPはじめてのSMAP5人旅スペシャル』では、番組からSMAP結成25周年のプレゼントとして、いままで5人揃っての旅行などしたことがないSMAPのために大阪への一泊二日の旅企画が提示された。マネージャーは同行せず、カメラもプライベート空間を邪魔しないようにできる限りこっそり撮影するという趣旨の企画である。

 しかし、「ビストロSMAP」の収録終わりで旅に出ることを知らされた5人は困惑。全員が露骨に嫌そうな表情を浮かべ、木村拓哉は<プレゼントって言ってくれているけど、ちょっとした迷惑だから>とまで口にした。

 いざ旅が始まっても5人の緊張感はまったく解けず、メンバーの士気もいまいち上がらない。途中寄ったコンビニの駐車場で香取慎吾が<やっぱ半々だな。50%は楽しそうでのんびりできそう、50%はめんどくさい>とひとりごとで愚痴を漏らすほどだ。

 しかし、お好み焼き屋やユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどをめぐった後、有馬温泉の旅館で夕食を囲み、5人だけで露天風呂に浸かる頃には、硬かった空気はすっかり緩んでいた。

SMAPカラオケ大会で事件勃発

 クライマックスは、一日の締めくくりに立ち寄った旅館内のカラオケスナックだ。

 5人は「オリジナルスマイル」「Hey Heyおおきに毎度あり」などSMAPの楽曲を20曲近く歌ってコンサート状態に。すると中居正広は感傷的な気分になったのか、お酒をあおりながら<これは名曲だよ!><いい歌だよ、歌詞がいいんだよ>などとつぶやき、「さよならの恋人」では目頭をおさえる仕草まで見せる。

 そして、「BEST FRIEND」になると、ついに涙腺が崩壊。<マジ泣きなんて、今世紀初めてだよ>と中居が困惑するなか、不祥事以降アルコールを断っているためシラフの草なぎ剛までつられて号泣。その姿にメンバーは爆笑するのだった。

1 2

「『嵐にしやがれ』5人旅で彷彿、「SMAP5人旅」感動の旅路を振り返る」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。