コロナ禍だからこそ転職したい? 女性の転職調査、意欲上昇の結果に

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
コロナ禍だからこそ転職したい? 女性の転職調査、意欲上昇の結果にの画像1

GettyImagesより

 新型コロナウイルスの世界的な蔓延により、経済的な苦境に直面している業界は少なくありません。その影響はじわじわ連鎖し、あらゆる業種に忍び寄っていくと考えられます。減給や失業は誰にとっても他人事ではありません。

 そんな時世を反映した、転職に関する調査結果を、正社員で長く働きたい女性のための転職サイト「女の転職type」が公表しました。

 【データで知る「女性と仕事」】の第13回調査結果によると、「コロナ前後で転職意欲が変わったか?」という質問に対する答えで「上がった」という回答が最も多くなりました。

コロナ禍だからこそ転職したい? 女性の転職調査、意欲上昇の結果にの画像2

 転職意欲が上がった理由として多く挙げられたのは「今の会社の将来性に不安を感じたから」「緊急事態に対応できる柔軟な働き方の必要性を感じたから」「コロナ禍を経験して、本当にやりたい仕事に就こうと思ったから」。やはり背景にはコロナ禍により先の見通しが立てにくい状況があるのかもしれません。

 一方で、転職意欲が下がったという人の理由は、「応募したい求人案件が減ったと感じたから」が最も多い回答でした。これは条件がよくやりがいを見込める求人案件さえあれば転職もやぶさかではないということでしょう。

 また、「今の職場を離れることに不安を感じるから」「今、人生のステージを動かすのが不安だから」と、現在の状況下であえて変化を選ぶことへの不安も目立ちました。

▼調査概要
調査内容:データで知る「女性と仕事」第13回「コロナで転職意欲は変化した?」
調査期間:2020年10月2日~10月15日
有効回答数:907名
調査対象:「女の転職type」会員
調査方法:Web上でのアンケート

「コロナ禍だからこそ転職したい? 女性の転職調査、意欲上昇の結果に」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。