渡部建は佐々木希の忠告を無視? 事務所社長は「芸能生活終わるかも」と危惧

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
渡部建は佐々木希の忠告を無視? 事務所社長は「芸能生活終わるかも」と危惧の画像1

渡部建

 約半年ぶりに公の場に姿を現し、不倫の謝罪会見を実施したアンジャッシュ渡部建だが、稀に見る悲惨な結果に終わった。妻・佐々木希はこの状況をどう見ているのか。

 12月3日に都内で行われた会見は、記者の執拗な質問攻めが繰り広げられ、特に『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!大晦日スペシャル「絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!」』(日本テレビ系)についての質問が“集団いじめ”のようだとして、渡部に同情する声もある。一方、「今さら何を言っても無駄」「気持ち悪いから復帰しないでほしい」など、渡部に対する嫌悪感を強めた人も多かったようだ。

 一部スポーツ紙は、日本テレビが批判を考慮し、『ガキ使』の渡部出演シーンをカットする方向で調節していると伝えている。渡部だけが悪いわけではないが、一連の騒動によってダウンタウン・松本人志も日テレおよび渡部の所属する人力舎に怒りを強めていると見られてもいる。松本は渡部の会見直前に、Twitterに<あえて会見の前に。。。オレと渡部の共演は当分無いと思うよ〜。>と書き残し、渡部の『ガキ使』出演を否定。6日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、会見をやる前に相方・児嶋一哉との話し合いが必要だっただろうと苦言を呈した。

 「週刊女性」2020年12月22日号(主婦と生活社)では、人力舎の玉川力社長が、会見を開く時期がここまで遅くなってしまったことを<すべて私の責任>としながら、渡部の今後について<もしかしたら、芸能生活が終わるのかもしれません>と言及。会見の段取りが悪く、記者を納得させる言葉を事前に用意できなかったことが、渡部の印象をかえって悪くしてしまったことは確かで、人力舎側も危機感を抱いているようである。

 渡部への嫌悪感は佐々木のInstagramにまで波及。佐々木のInstagramコメント欄には会見の前から「渡部の会見を止めろ」といったコメントが殺到していたが、会見後はさらに悪化。佐々木ファンが誹謗中傷を書き込むユーザーに抗議しているが、誹謗中傷は止まず、コメント欄は殺伐としている。

佐々木希は渡部建を完全に許したわけではないのか

 「女性自身」2020年12月22日号(光文社)によると、佐々木希は、渡部建は最低でも年内は活動を休止すると思っていたようで、『ガキ使』への出演と謝罪会見は、復帰を急ぐ渡部側の独断だったという。佐々木は復帰の話を聞いた際はひどく困惑していたそうで、会見も本心では反対していたとのことだ。

 同誌によれば、会見が悲惨な結果に終わったことで、周囲の目を心配する佐々木は子どもをインターナショナルスクールに転園させることも考えているという。佐々木の知人が<(佐々木は)『これ以上家族を巻き込まないで』という気持ちでいっぱいのはず>と証言しているが……。

1 2

「渡部建は佐々木希の忠告を無視? 事務所社長は「芸能生活終わるかも」と危惧」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。