NiziUを襲う韓国での炎上 ネット上でバッシング受け「デビューは延期」か

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
【完成】NiziUを襲う韓国での炎上 ネット上でバッシング受け「デビューは延期」かの画像1

NiziU「Step and a step」

 NiziUが12月2日にリリースしたデビューシングル「Step and a step」が、14日付オリコン週間シングルランキングで31万枚の売上を記録し、1位に輝いた。これは「女性アーティストのデビューシングルによる初週売上枚数」では歴代2位となる大記録だという。

 デビュー後わずか29日での『NHK紅白歌合戦』出場も決まっており、破竹の勢いを見せつけるNiziU。だが現状、日本以外での活躍はほぼ「0」に等しい。

 ソニーミュージックとJYPエンターテインメントの合同オーディションプロジェクト「Nizi Project」は、“世界へ”羽ばたくという触れ込みの“グローバル・ガールズグループ”であり、この秋まで韓国でトレーニングを積んでいたにもかかわらず、なぜか韓国ではまだデビューしていないのだ。

 韓国では、衛生放送のチャンネルも含めれば、火曜『THE SHOW』(SBS MTV)、水曜『Show Champion』(MBC MUSIC)、木曜『M Countdown』(Mnet)、金曜『MUSIC BANK』(KBS、地上波)、土曜『ショー!K-POPの中心』(MBC、地上波)、日曜『人気歌謡』(SBS、地上波)と、月曜以外は毎日夕方から夜の時間にかけて音楽番組が放送されている。しかしNiziUは特番も含めどの番組にも出演したことがない。

 NiziUのメンバーは昨年12月にオーディションのため韓国に渡り、9月29日に日本に帰国するまで韓国に滞在していた。共同生活をしながら、所属事務所・JYPエンターテインメントでレッスンを受けていたとみられている。JYPはTWICE、Stray Kids、GOT7などが所属する「K-POP4大事務所」のひとつであり、新人であっても音楽番組に出演することは可能だっただろう。

 そんなNiziU韓国デビューがままならない事情を、12月8日発売「週刊女性」(主婦と生活社)が伝えている。同誌によれば、NiziUのプロデュースを務めるJ.Y. Parkはもともと韓国で先にNiziUをデビューさせる計画だったという。だが、『Nizi Project』(Hulu)のオーディションがスタートした2019年7月ごろから日韓関係が悪化したことを受け、計画を変更したそうだ。

 その計画の真偽は不明なものの、NiziUの韓国デビューに壁があるのは事実かもしれない。大手メディアへの露出がほとんどないため韓国国内でのNiziUの一般的な知名度はかなり低いと思われるが、それでもネット上では複数回にわたってバッシングを受けたことがある。

 たとえば今年8月、リマの曾祖父が問題視されて炎上している。リマの父方の曾祖父は、ホテルニュージャパン火災事件などで知られる実業家の横井英樹氏。彼は第二次世界大戦中に軍需品の製造で成功をおさめた経歴をもっている。そのため、「戦犯企業創業者のひ孫」がメンバーであるNiziUには韓国国内で仕事を与えてはならないという意見が出た。

 また、NiziUというグループの存在自体が問題視されたこともある。メンバー全員が日本人で構成されているNiziUをJYPエンターテインメントが教育することに対して「K-POP技術の流出」になるのではないかという懸念が出たのである。

 この議論を受けて、『ラジオスター』(MBC)に出演したJ.Y. Parkは「NiziUは外国人だがJYPの所属歌手」と明言し、K-POPのノウハウを海外に流出させて利益を得ているとの指摘を退けている。

 同番組でJ.Y. Parkは今後のNiziUについて「日本を足がかりとして世界的に活動する予定」とも話していた。その「世界」にはもちろん韓国も入っているだろう。日本においては大々的なプロモーションが成功しスマッシュヒットを飛ばしたNiziUだが、ここから先は難しい道のりが待ち受けているのかもしれない。

「NiziUを襲う韓国での炎上 ネット上でバッシング受け「デビューは延期」か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。