なにわ男子・西畑大吾があざと可愛いすぎ! 超偏食家・野菜嫌いでも食べられるイモの謎に迫る

文=柴田さとみ
【この記事のキーワード】
なにわ男子・西畑大吾があざと可愛いすぎ! 超偏食家・野菜嫌いでも食べられるイモの謎に迫るの画像1

ISLAND TVより

 12月11日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)の「なにわ男子のなんでやねん」のコーナーに、なにわ男子の演技派アイドル・西畑大吾がリポーターとして登場。ここ最近若い女性を中心にブームとなっている「焼き芋」の人気に迫った。

 今年10月に発表された「NEXTブームになりそうなスイーツ」(Instagramメディア「Petrel」調査)で1位を獲得したのは、昔から馴染み深い冬のおやつ「焼き芋」であった。SNSでも1000件以上の「焼き芋スイーツ」の投稿があり、西畑はなぜ今ブームになっているのか、焼き芋を販売している専門店などを訪れ調査した。

 まず訪れたのは東京・銀座の「銀座つぼやきいも」。品種改良が進みサツマイモ自体がスイーツのように「ねっとり」「しっとり」としたものが多く出てきているという。続いて訪れた東京・世田谷の「焼き芋専門店ふじ」では、「紅はるか」や「ハロウィンスイート」など8種類のサツマイモの焼き芋を販売していた。

 西畑は公園に移動し、調査した店舗の焼き芋を食べ比べ。あざと可愛く何種類もの焼き芋をほおばりながら<やっぱり、実際食べ比べてみないとわからないものですね。味や食感の違いがあって、これはおもしろい>とコメント。サツマイモの品種が充実しスイーツに多く使用されるようになり、販売方法の変化もあったことが、焼き芋ブームの秘密だったようだ。

 ちなみに、西畑は野菜全般が嫌いだという超がつくほどの偏食家。そんな西畑でも食べられたということは、本当にスイーツのように濃厚な甘さのあるサツマイモだったのだろう。

 SNSでは焼き芋をほおばる西畑に「あざとかったな」「最高に可愛い」との声が上がる一方で、「試食している公園がだんだん暗くなっていって最後真っ暗」「公園真っ暗だったけど何時に撮ったの?」「お疲れさまです」など、遅くまでのロケをねぎらう声も寄せられていた。

「なにわ男子・西畑大吾があざと可愛いすぎ! 超偏食家・野菜嫌いでも食べられるイモの謎に迫る」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。