女性の平均年収347万円。年齢が上がるにつれて全体との差大きく

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
女性の平均年収347万円。年齢が上がるにつれて全体との差大きくの画像1

GettyImagesより

 パーソルキャリア株式会社が運営する転職サービス「doda」が、「女性の平均年収ランキング2020」を発表しました。

 職種別では、全163職種のうち女性の平均年収が高かったのは、1位「戦略/経営コンサルタント」(607万円)、2位「業務改革コンサルタント(BPR)」(601万円)、3位は「リスクコンサルタント」(599万円)。TOP3を「専門職(コンサルティングファーム/専門事務所/監査法人)」が独占しています。

 年代別では、20~50代すべての年代で昨年よりも平均年収が増加しています。しかし全体(男女総合)との差は、年齢が上がるにつれて大きくなっていくことがわかります。

女性の平均年収347万円。年齢が上がるにつれて全体との差大きくの画像2

 エリア別では、関東エリアの平均年収が366万円で、310~320万円台のほかのエリアを大きく引き離しています。東京一極集中の大きな理由は賃金差であることがここからもよくわかりますね。

■調査概要
対象者:2019年9月~2020年8月末までの間に「dodaエージェントサービス」に登録した20~65歳の男女
雇用形態:正社員
有効回答数:約40万件

「女性の平均年収347万円。年齢が上がるにつれて全体との差大きく」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。