てんちむへの誹謗中傷に銀座の高級クラブ・Nanaeママが激怒「あまりに酷いんじゃないか」

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 YouTuberてんちむが“愛天華”という源氏名で勤める銀座の高級クラブ「Nanae」のママ・唐沢奈々江さんが、自身のYouTubeチャンネルに「てんちむ(愛天華)さんへの誹謗中傷に対して思うこと」という動画を投稿にした。

 てんちむは自身の豊胸歴を隠して数々のバストアップ商品をプロデュースしていたが、親友だったかねこあやにその事実をバラされたことで、バストケア商品『モテフィット』の全額返金を自腹で行うことに。その額は4億3000万円にものぼり、てんちむは「昼間はYouTubeの撮影、夜は銀座のClub Nanaeと六本木バーレスク東京で働く」と決意した。

 だがてんちむの“働く宣言”も最初は「演出に過ぎない」と白い目で見られており、てんちむの復帰を手助けしたYouTuberのひとりであるシバターも、てんちむが豊胸炎上後に家賃月80万円の高級マンションからワンルームマンションに引っ越したことを「落ちに落ちたところから這い上がるストーリーを演出したいから」とバッサリ評していた。このほかにも、「破産は嘘」「本当に自腹で返金しているのか?」などといった疑問の声が溢れた。

 奈々江ママは、こうしたてんちむへの疑惑も含め様々な「誹謗中傷」があると嘆き、炎上系YouTuberが連日てんちむの話を取り上げ、その内容がネットニュースとして流れることに対して憤りを感じていると話した。

 現場で毎日接している奈々江ママ曰く、てんちむは店で1番と言っていいほど礼儀正しく、「人として私はてんちむさんを素晴らしいなと思っている」そうだ。てんちむを担当する黒服の男性も、「(てんちむは)みんなに愛されているキャラ」と同意。「僕らが言うことに関しても素直に全て受け入れて聞いていただいて」「やる気の塊みたいな形で来ていただいている」と話した。

 てんちむの返金への姿勢についても、「真剣に働いて返さなくてはという思いが伝わってきますよね」と奈々江ママ。「心無いというか、酷いことを勝手な推測で言われてらっしゃる方、私はちょっとね、いろんなYouTubeあるかもしれませんけども、炎上させてね。チャンネル登録数を上げたいとかいう方もいらっしゃるかもしれないですけど、人としてね、一生懸命されてる方に対してちょっとあまりに酷いんじゃないかなあと思うことはあるんですよね」。

 奈々江ママはてんちむが尋常でないハードスケジュールで生活していることに触れ、「少しでも早く返したいという思いがそこにすごく表れていると思いますので、分かってほしいなと思いますね」「一回取材に来てみればいいじゃないですか、ヒカルさんみたいにね」「取材にバッといらしていただいて飲んでいただいて、ルイ13世をバッと開けてみてください、とほんと言いたいです」と一息に言うと、これからも全力でてんちむの応援をすると宣言した。どうやら、てんちむを伝説の銀座ホステスに育て上げるつもりのようだ。

「てんちむが死んだら責任を取れるのか」

 奈々江ママの「お願い」と関連があるかは不明だが、かねこあやとのバトルを再三に渡り取り上げてきたYouTube界隈のゴシッパー「コレコレ」が先日、生放送上で「これ以上、てんちむの話はしない」と宣言した。その理由は「大人の人」に「てんちむを追い詰めてもし死んだら責任を取れるのか」とすごまれた体という。もしもてんちむが死んだ場合、てんちむが稼ぐ額を要求するとも言われた、と説明した。

 てんちむはクラブ「Nanae」で1本1000万円のボトルを下ろしてもらったり、「バーレスク東京」で1日で200万円以上のチップを受け取り、歴代最高記録を残していたりと、まさに金の卵をうむニワトリ状態だ。子役時代、芸能界ではうまくいかなかったが、やはりエンターテインメントとの世界とは相性が良いてんちむ。そんな彼女に、コロナ禍で沈む「夜の街」の未来がかかっていると言っても過言ではないのかもしれない。

 いずれにせよ、てんちむは今、ものすごい勢いで大金を稼いでいる。次々に味方を増やし勢力を拡大する彼女なら、4億円の借金もあっという間に完済できそうだ。

「てんちむへの誹謗中傷に銀座の高級クラブ・Nanaeママが激怒「あまりに酷いんじゃないか」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。