関ジャニ∞、Jr.時代のエピソードがエモすぎ!“8人の関ジャニ∞”彷彿させる先輩・寮母さんとの関係

文=田口るい
【この記事のキーワード】
関ジャニ∞、Jr.時代のエピソードがエモすぎ!8人の関ジャニ∞彷彿させる先輩・寮母さんとの関係の画像1

錦戸亮くんのいた6人時代

 12月16日に放送された『あいつ今何してる? 2時間スペシャル』(テレビ朝日系)に関ジャニ∞が登場。関ジャニ∞の恩人である元関西ジャニーズJr.の福原一哉さんの近況に、メンバーが涙を流す様子が放送され、ファンが感動の渦に包まれている。

 今回、番組では関ジャニ∞メンバー全員から「もう一度会いたい人」として名前が挙がった関西ジャニーズJr.時代の先輩・福原一哉さんの近況を調査。関ジャニ∞メンバーがまだJr.だった当時、関西ジャニーズJr.内は厳しい縦社会で、怖い先輩が多かったという。そんな中、福原さんは後輩である関ジャニ∞に優しくダンスを教えてくれたり、プライベートで遊んだりすることも多く、安田章大いわく<お世話係みたい>になっていたとのこと。

 だが関ジャニ∞の人気が高まるにつれ、先輩である福原さんが関ジャニ∞のバックダンサーを務めることも出てきたといい、横山裕は<屈辱だったんじゃないか>と当時の福原さんの複雑な気持ちを汲み取りつつ、<当時は感謝の気持ちを伝えられなかった>と後悔している様子であった。

 続けて、現在大阪府に住む福原さんのインタビュー映像が公開された。福原さんはJr.時代、97年から98年にかけて京都で上演された舞台『ジャニーズ・ファンタジー KYO TO KYO』で当時Jr.だった嵐の大野智と共演しており、当時の大野について<すごかった>と回顧。スタジオでVTRをみていた関ジャニ∞メンバーも<最初からすごかった><頭抜けてた>と、大野の別格ぶりを絶賛していた。

 2002年に関ジャニ∞が結成されたとき、福原さんは<悔しさはなかった><単純におめでとう>という気持ちだったという。また、Jr.時代は大倉忠義とシンメ(ダンスの位置が対称のポジション)だったとのことで、<大倉が(関ジャニ∞に)入って良かったな>と感じていたとも話していた。

 福原さんはJr.内でユニットを組んでいた相方が退所したことや、自分自身が二十歳になっていたことから<そろそろかな>と感じ、誰にも言わずに辞めたという。退所後は飲食店やアパレル関係のアルバイトとして働き、現在はスーパーに並んでいる肉や魚のパックのラベルや食品包装資材の企画営業・配送に携わっているそうだ。

 福原さんとの思い出や感謝の気持ちを明かす関ジャニ∞メンバーのVTRを見た福原さんは、<めちゃめちゃ嬉しいですね><(関ジャニ∞メンバーは)みんないい子やったんで。(メンバー同士も)みんな仲良かった>とコメント。過去には関ジャニ∞のライブに足を運んだこともあったといい、彼らの出演番組も観ているとも明かした。福原さんが関ジャニ∞の活躍を見ていてくれたことを知り、横山裕や丸山隆平が涙をぬぐう場面もあった。

ジャニーズ合宿所、伝説の寮母さん

 番組ではジャニーズJr.の合宿所の寮母さんにもインタビュー。関ジャニ∞がまだデビュー前で東京と大阪を行き来していた当時、東京では故・ジャニー喜多川氏の自宅でもある合宿所に滞在していた。そこでは当時ジャニー喜多川氏のお手伝いさんを務めていた女性が“寮母さん”として家事をしてくれていたという。関ジャニ∞にとって“東京の母”のような存在で、嵐のメンバーや滝沢秀明氏もお世話になっていた人物だ。

1 2

「関ジャニ∞、Jr.時代のエピソードがエモすぎ!“8人の関ジャニ∞”彷彿させる先輩・寮母さんとの関係」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。