てんちむとヒカル、LINE流出で「怪しい関係」発覚も「好感度爆上がり」のわけ

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 YouTuberのてんちむが自身のInstagramで、同じくYouTuberで仲の良いヒカルの行動にメロメロになったことを明かしていた。ヒカルはバーレスク東京9周年のお祝いに駆け付け、てんちむに10000リオン(=100万円分のチップ。1リオン=100円)をプレゼントしたという。

 てんちむは自身の豊胸歴を隠して数々のバストアップ商品をプロデュースしていたが、親友だったかねこあやにその事実をバラされたことで、バストケア商品『モテフィット』の購入ユーザーに全額自腹で返金すると決断。その額は4億3000万円にものぼることが判明し、てんちむは昼はYouTubeの撮影、夜は銀座のClub Nanae、週末は六本木バーレスク東京で働いている。

 16日にヒカルが自身のYouTubeチャンネルに投稿した動画「ショークラブで働くてんちむにチップ100万円を投げ銭してみた」は、ヒカルがバーレスク東京を訪れたレポート。てんちむが生き生きと働く様子が映し出されている。

 以前もバーレスク東京に来たことがあるというヒカルとその兄(兼カメラマン)。踊り子たちのパフォーマンスが終わり、チップタイムに突入すると、「ようやく僕の出番がきましたね」とヒカル。「とりあえず1本買いましょうか」とスタッフを呼び、「100万円分買いたいんですけど」と、テーブルの上に現金100万円をのせた。スタッフは「(100万円のチップを渡す人には)自分は初めてお会いしました」と驚く。

 ヒカルは「これがリアル投げ銭」と豪語し、てんちむだけではなく、女の子全員(約20人)にチップを均等に配るという。てんちむが加入後すぐにセンターで踊ることになり、バーレスク東京はコロナ禍にもかかわらず大盛況。少なからず僻み感情を持った女の子たちもいると想定して、平等にチップを配るという配慮を見せたわけである。

コロナ禍なのに死ぬほどバブリーな空間

 10000リオンのパフォーマンスはド派手でバブリーだった。「皆さん、動画の準備、動画の準備をしてください!」のアナウンスとともにヒカルの曲『KING』が流れ、女の子たちの中央に、巨大なシャンパングラスに乗ったてんちむが現れる。電光掲示板にも「HIKARU 10000RION」の文字が七色に輝き、アナウンスも「Mr.ヒカル~~!!」と大騒ぎ。このド派手な演出に「なんか俺のイベントみたいになってる」とヒカルも満足そうだ。

 ヒカルは今回の特別感のある扱いに「楽しい」とワクワクしている様子で「投げ銭とか、誰かを1人を推すみたいな気持ちって俺、今までなかったけど、これやったらすげえ楽しいんだろうな。俺が誰かアイドル追いかけたとき、やばそうじゃない?」。

 「地下アイドルとかハマったらやばい!」と笑うヒカルだが、ヒカルはてんちむが勤めるClub NanaeでVIPルーム(20万円)を予約し、高級ブランデー・ルイ13世(約130万円)を下ろして、てんちむの誕生日を祝ったばかりである。そのときも、ルイ13世の味を「まずい」と言いながら「お金持ちがお酒頼む理由わかってくるわ」「これ頼んで(女の子が)喜んでくれたら嬉しいなってなるもん」と語っており、すでにヒカルの推しはてんちむに決まっているようだ。

 ヒカルは「バーレスクのパフォーマンス、全部が全部流せないんすけど、実際に見に行ってください、興味ある方は。こういうとこってエロいイメージがあるというか、いやらしいイメージがあったりするやん。意外にそういうのじゃなくて、なんかかっこよさとか美しさとか、華やかさを味わえる空間」と、視聴者にすすめた。

1 2

「てんちむとヒカル、LINE流出で「怪しい関係」発覚も「好感度爆上がり」のわけ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。