IZ*ONE、頬がこけ肋骨が見えるほど痩せすぎ…韓国式ダイエットに心配の声

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 K-POPアイドルは女性も男性もモデルのようなスタイルを誇り、多くの人々にとって憧れの対象として君臨する。しかし、その裏では過酷なダイエットが横行しており、健康を害してしまうメンバーも少なくない。

 TWICEのモモは練習生時代、所属事務所のスタッフに「痩せなければステージに上がれない」と脅されたため1週間で7キロも落とした経験があると語ったことがある。

 そのダイエット方法は、「毎日ジムに通って運動する一方、1日を通して口にするのは氷一粒のみ」といったもので、夜ベッドに入ると「もう起きられなくなるんじゃないか」という恐怖に涙していたという。

 KARAのパク・ギュリはダイエットの結果、ステージで貧血になったり、逆流性食道炎で血を吐いたことがあると明かしている。

 2015年放送『4つのショー』(Mnet)で彼女は、1日の全食事はカニカマひとつで、さらに睡眠時間を削ってその時間を運動にあてたと証言。もともと睡眠にあてられる時間は3〜4時間しかなかったそうで、そこからさらに時間を削ったら、もうまともに眠る時間はない。どう考えても健康的なダイエットではないが、その結果が貧血、そして逆流性食道炎による吐血であった。

 MAMAMOOのメンバーが語ったエピソードはさらに強烈だ。2020年11月放送『社長の耳はロバの耳』(KBS第2テレビジョン)で明かされたエピソードによると、フィインは空腹状態で食欲抑制剤を飲んだため駅で昏倒したという。またソラは、数日食事をしていない状態で腸内洗浄をしたため救急救命室に運ばれた経験まであるそうだ。

 歴史を遡れば、摂食障害の結果、急性心不全のため32歳の若さでこの世を去ったカレン・カーペンター(カーペンターズ)のような例もある。K-POPアイドルのエピソードを見る限り、いつ同じような犠牲者が出てもおかしくないように見える。芸能界、ファンともに、行き過ぎたダイエットを止めるべく議論を重ねる必要がある。

1 2

「IZ*ONE、頬がこけ肋骨が見えるほど痩せすぎ…韓国式ダイエットに心配の声」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。