錦織圭と観月あこ「結婚」、凄まじいバッシング浴びた苦難の5年

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
錦織圭と観月あこ「結婚」、凄まじいバッシング浴びた苦難の5年の画像1

GettyImagesより

 18日、プロテニスプレーヤーの錦織圭が、元モデルの観月あこと入籍していたと、NEWSポストセブンが報じた。二人は5年ほど前から真剣交際し、昨年から同棲。同誌では“錦織家の知人”が「つい最近入籍したと聞きました」と明かしている。

 錦織との交際発覚からしばらく、観月あこへのバッシングは凄まじいものがあった。まず2016年に「週刊文春」(文藝春秋)が、観月はKis-My-Ft2の玉森裕太の元恋人であることや、歌手の杉良太郎のセクハラを告発して前事務所をクビになり、芸能界から干されたことなどを報道。彼女と付き合い始めてから錦織が練習をさぼりがちになり成績が落ちているなどとも伝えた。

 セクハラを告発した女性が干され、「悪女」扱いされていたのである。他にも、観月が錦織のカードを使い豪遊しているなどの報道があり、ネット上では「逃げろ錦織!!」と、観月に対する猛バッシングが発生。

 酷かったのは、彼女と関東連合や半グレとの繋がりを示唆するような噂だった。証拠とされていた写真で観月と一緒に写っていたのは暴力団ではない飲食店経営者の男性や、ライフスタイルアドバイザーでアメブロで人気だった男性、モデルや読者モデルの女性たち。男性が経営する飲食店で普通に食事をしている写真にもかかわらず、その写真一枚で『観月あこのバックは真っ黒』と揶揄されていた。

 様々な悪評が立つ中、2017年に錦織の父親が「週刊新潮」(新潮社)のインタビューに応じ、息子と彼女の結婚について「そんなもん全然想像したくもない。彼女(観月)が悪いっていうのはいっぱい聞くし。悪いことしか聞かないからね」「マイケル・チャンだけが心配しているんじゃなくて、(スタッフ)皆が心配している」「噂じゃないと思う」「悪い娘だと思うよ」「もう、嫌い。芸能人って」と辛辣なコメントを残している。

 だがNEWSポストセブンによれば、錦織の父親はこの5年間、公私で息子を支える彼女の献身的な姿を見て、“2人の思いを尊重する”という姿勢に変化したという。

 あらぬ噂を立てられ、ひどいバッシングを受けた錦織圭と観月あこは本当に気の毒だった。だが噂に惑わされることなく思いを貫き、周囲の理解を得たのだろう。

「錦織圭と観月あこ「結婚」、凄まじいバッシング浴びた苦難の5年」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。