疲弊しきった松本潤を救った、ワンオクTakaの言葉。元ジャニーズと嵐がエンタメを語り合う

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
疲弊しきった松本潤を救った、ワンオクTakaの言葉。元ジャニーズと嵐がエンタメを語り合うの画像1

左・松本潤/Taka(ONE OK ROCK)公式Instagramより

 Netflixで配信されている嵐のドキュメンタリー番組『ARASHI’s Diary -Voyage-』。12月16日に配信された第21話「JUN’s Diary」にONE OK ROCKのTakaがゲスト出演。松本潤とワンオク双方のファンから反響が起きている。

 この回は、コンサート演出なども手がけ、嵐のプロデューサー的な立ち位置としても動いている松本潤にフォーカス。活動休止前ラストイヤーである2020年をどう過ごしたかを追っていた。

 嵐にとって2020年は挫折の年だった。本来であれば海外、特にアメリカ進出をする予定だったからである。

 当初の予定では、11月にロサンゼルスのザ・フォーラムでコンサートを行う予定で、そこを目指してすべての予定が組まれていた。2019年11月にリリースされた「Turning Up」のミュージックビデオにザ・フォーラムが登場するのはそうした計画があったからだ。番組では松本が会場の搬入口などを確認して、ステージ演出を練り始めている場面もおさめられている。

 今年5月に行われる予定だった新国立競技場のコンサートも、11月のアメリカコンサートに向けて「世界進出」をテーマにした演出が予定されていたという(新国立競技場コンサートは延期。11月に無観客で行われている)。しかし、新型コロナウイルスの世界的な流行がすべての予定を狂わせてしまった。そうした事態に打ちひしがれる松本を救ったのがTakaだったそうだ。

 Takaがかつてジャニーズ事務所に所属していたことは周知の事実だ。2003年9月のNEWS結成時、Takaはオリジナルメンバーに名を連ねていたが、スキャンダルに見舞われたこともありわずか3カ月後の同年12月にグループを脱退し、ジャニーズ事務所も退所。その後、ONE OK ROCKを結成して、アイドルとは別の道でブレイクしている。

 もともと同じ事務所に属していた松本とTakaだが、仲良くなったのはここ2〜3年だという。急速に距離を縮め、現在は強い友情で結ばれているようで、松本はTakaと<一番会ってんじゃないかな>というほど。

 そういえば今年7月に「女性セブン」(小学館)で、紗栄子の呼びかけに松本とTakaが応じ、記録的豪雨で被害を受けた九州の人たちのための支援プロジェクトについて話し合っていた場面が報じられたことも記憶に新しい。

 嵐の海外進出にあたり、松本はすでに海外に打って出ているTakaにしばしば相談していたという。コロナの影響で用意していた企画がダメになっていく時も話を聞いてもらっていたそうだ。

 ONE OK ROCKといえば、ここ数年世界進出を本格的に進めており、2019年リリースのアルバム『Eye of the Storm』は日本の音楽シーンよりも欧米のトレンドを強く意識した作品でファンから賛否を呼んでいる。

TakaがONE OK ROCK解散を視野に? 新作アルバムがワンオクファンから大不評の理由

 ここ最近は積極的に海外展開し、現在も北米ツアーを行っている最中のONE OK ROCK。2月13日にリリースされた9枚目のアルバム『Eye of th…

疲弊しきった松本潤を救った、ワンオクTakaの言葉。元ジャニーズと嵐がエンタメを語り合うの画像1
疲弊しきった松本潤を救った、ワンオクTakaの言葉。元ジャニーズと嵐がエンタメを語り合うの画像2 ウェジー 2019.03.15

 そこでTakaからかけられた言葉に松本は<すごい救われた>と振り返る。「プランを練っては崩され、修正案をつくってもすぐにまた崩される」ということの連続に疲れきっていた松本に、Takaはこう語りかけたという。

<楽しんでやった方がいいよ>
<いろんなことが崩れていくのも分かるけど、いまチャレンジしてること、すごいことだと思うから>

 とはいえ、最初に松本からアメリカ進出の話を聞いたときTakaは、嵐が活動休止まで1年ほどしかないこともあり、<本気で言ってるの?>と思ったという。しかしその一方で、とても良いアイデアだとも思っていたようだ。

1 2

「疲弊しきった松本潤を救った、ワンオクTakaの言葉。元ジャニーズと嵐がエンタメを語り合う」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。