唐田えりか、活動再開へ「カメラと声優」今もバッシング続く不倫の癒えない傷

【この記事のキーワード】

唐田えりかInstagramより

 女優の唐田えりかが19日発売の月刊誌「日本カメラ1月号」(日本カメラ社)で、新連載をスタートさせた。また、22日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)によれば、声優デビューを目指してもいるそうだ。

 唐田えりかは今年1月に「週刊文春」(文藝春秋)で俳優・東出昌大との“3年不倫”がスクープされて大騒動に。もともとフィルムカメラを趣味としていた唐田は、インスタグラムで東出との親密さを感じさせる写真を度々アップしていたことから“匂わせ疑惑”も浮上。さらに、過去に<私は好きな人しか撮らないし撮りたくない>という発言をしていたことも明るみになった。東出が杏と結婚し、3人の子をもうけていることは周知の事実。それを知りながら堂々と交際していたかのように受け取られ、唐田はネットで大バッシングを浴びた。

 以降は出演中だったドラマも降板し、女優としての活動は自粛状態の唐田。そんな彼女がカメラ雑誌で連載をスタートさせることに、ネットでは「そのカメラで東出撮りまくってたんでしょ…きつい」「カメラを続ける図太さ」と相変わらず否定的な声が強い。

 不倫が発覚した際には、唐田のみならず東出にも当然批判が殺到し、東出は妻であった女優の杏と離婚。ただ、東出は俳優としてある程度キャリアを積んでいたこともあってか、仕事にはさほど支障はなく、現在も映画や舞台で活躍している。一方、ブレイク間近といわれていたタイミングで不倫スキャンダルが発覚した唐田は、なかなか復帰の目途が立たなかった。

 それでも唐田の所属事務所「フラーム」側としてはどうしても彼女を復帰させたかったようで、復帰時期を見計らっているような動きがあった。10月8日発売の「女性セブン」(小学館)ではショートカットヘアにイメチェンした唐田の写真が、10月16日発売の「FRIDAY」(講談社)では肩に一眼レフを、首にコンパクトカメラを提げた唐田の写真が掲載され、近況が伝えられていたのだ。唐田が東出との不倫を連想させるカメラをいまだに趣味としていることに、この時も「まだ懲りずにカメラやってるの?」と批判的な声があったが、唐田にとってカメラは苦い思い出がありつつも、本当に大切な趣味なのかもしれない。

 「フラーム」のインスタグラムでも、今回の新連載にあたって唐田の横顔ショットを公開するとともに<日本カメラ1月号本日発売です! 唐田えりかの新連載始まりました>と告知しており、“カメラ女子”というイメージを強調することには事務所サイドも賛成なのだろう。

 また、彼女も決して「堂々と」不倫していたわけではなさそうだ。東出との不倫騒動時には、インスタの裏アカウントも流出し、そこでは不倫関係に悩んでいる様子が見て取れた。

 唐田がそこに綴っていた<何故だ何故だ~ もう思い出さなくなってきたし 前向きになってる最中だったのに またもや良い時に連絡きた>といった言葉からは、「この恋愛から身を引かなければならない」という後悔と、「それでも好きになってしまった」葛藤で揺れ動いていることが窺える。

 前掲「週刊女性」最新号によれば、唐田の祖父母も近所で陰口を叩かれ、ストレスで10キロほど痩せてしまったというから気の毒でならない。唐田自身も以前と同じ方向性で女優として前に出れば、またバッシングが過激化する可能性もあり、しばらくは様子を見ながら新しい活動を始めていくのだろう。

「唐田えりか、活動再開へ「カメラと声優」今もバッシング続く不倫の癒えない傷」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。