櫻井翔と相葉雅紀も来年結婚へ? 松本潤は「引退しません」 嵐、活動休止のその後

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
櫻井翔と相葉雅紀は来年結婚へ? 松本潤は「引退しません」の画像1

嵐Instagramより

 嵐の活動休止まで残すところ10日を切り、5人の“今後”に注目が集まっている。

 芸能活動を休む大野智以外は2021年以降もそれぞれに芸能活動を続ける。相葉雅紀はタレント、櫻井翔はキャスター、二宮和也は俳優、松本潤は俳優およびジャニーズJr.のプロデューサーという道が予想されている。

 一部では松本のレギュラー番組がなくなることを受けて「完全に裏方になってしまうのでは」と不安がる声も見られたが、さすがMJと言うべきか、12月1日に更新した有料会員ブログ「Enjoy」で松本はこうした憶測を完全否定。

<来年以降のことを心配している僕のファンの皆さまへ。><発表している事は何もありませんが、私、引退しません笑><なので、心配しないでー(キラキラの絵文字)>と明言し、ファンを安心させた。

 一方、プライベートでの大きな変化について12月22日発売「週刊女性」(主婦と生活社)が報じている。活動休止中に嵐メンバーの結婚ラッシュがある可能性についてだ。

 同誌によれば、まず結婚すると見られているのが櫻井だという。櫻井は今年1月に「週刊文春」(文藝春秋)で、学生時代からの知人である元テレビ局勤務の女性とのベトナム旅行をスクープされている。

 その直後、3月には同誌で別の一般人女性との浮気を報じられたが、それによって恋人との関係が壊れることはなかったようだ。前出「週刊女性」は、櫻井がすでに両家顔合わせを済ませるなど着々と結婚への準備を進めており、来年入籍してもおかしくないと伝えている。

 それに続くと見られているのが相葉。彼は2017年に「FLASH」(光文社)1歳年上の女性との交際を報じられている。その時点で5年のつき合いとされ、現在までふたりの関係は続いているようだ。すでに8年、結婚を意識していても全くおかしくないだろう。昨年9月に「週刊文春」は、相葉がすでに彼女の両親への挨拶も済ませ、同棲を始めていると伝えていた。

二宮和也の結婚はなぜ猛バッシングを受けたか

 嵐のメンバーでは2019年11月に二宮が元フリーアナウンサーの女性と結婚し、猛バッシングを受けた。

 二宮の妻は結婚前からネット上でバッシングの対象となっており、結婚から1年近く経ったいまでも、二宮が家庭生活をほのめかす発言をするだけで批判が再燃する状況が続いている。

 とはいえ、その背景には「ブログでの匂わせ」「活動休止発表後のライブツアー中の結婚発表」といった事情からファンの反感を買ったという経緯がある。また、逆風に負けず妻を守り抜いて入籍した二宮への評価は、業界内では上がったようだ。

 相手の女性にもよるだろうが、グループの活動休止後はさすがに、メンバーの誰かが結婚したとしても納得するファンが多いのではないか。実際、大野智が結婚を意識してシングルマザーと長く同棲していたことが写真付きで報じられても、多くのファンが大野に同情を寄せていた。

 嵐という国民的アイドルグループの一員として、ファンに夢を与える仕事を全うし、その活動を休止してからという順番であれば、ファンも何も文句を言えないだろう。

活動再開「カギを握るのは5人それぞれ」と櫻井翔

 嵐の活動再開は「大野の意向次第」というのが大方の見方だが、櫻井はそれを否定している。

 2020年10月1日放送『櫻井・有吉THE夜会SP』(TBS系)で櫻井は、<カギを握るのはもしかしたら俺かもしれないし。来年になって、『俺もうちょっと戻りたくないな』って思ってしまわないかが怖いというか。なにが言いたいかっていうと、カギを握るのは大野っていう論調があるけど、そんなことはなくて、カギを握るのは5人それぞれであってさ>と話していた。

 たとえ他の4人が活動再開に乗り気であったとしても、個人の仕事やプライベートの状況次第では嵐の活動に加わることができないかもしれない。誰かひとりでもグループに戻れなければ、嵐の活動再開はない。

 そもそも、大野はジャニーズ事務所を退所する可能性も高い。すでにタレントのマネージメントや、イベントの企画を行う個人事務所を設立していることが報じられている。離島への移住報道など、大野の今後に関する憶測は一際多く、2021年以降も5人の動向が注目される日々は続きそうだ。

「櫻井翔と相葉雅紀も来年結婚へ? 松本潤は「引退しません」 嵐、活動休止のその後」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。