渡部建と佐々木希に近隣住民が苦情…謝罪なしで「プライド高すぎ」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

渡部建

 不倫問題で活動自粛中のアンジャッシュ渡部建が今年8月、自宅マンションでご近所トラブルを起こしていたと「女性自身」2021年1月5日・12日合併号(光文社)が報じている。

 記事によると、渡部と妻・佐々木希が暮らす高級マンションで今年8月上旬、渡部宅の階下の住人のベランダに、バケツ1杯ほどの水が漏れるというトラブルがあったという。

 階下の住人は渡部が「子どものビニールプールに水を張っていた」と予想。そのマンションではベランダでのビニールプール遊びは禁止されているというが、大量の水がドッと落ちてくる前、子どもと男性が遊んでいる声が聞こえてきたとのことだった。

 しかし記者の直撃に応じた渡部はプール遊びを否定し「自分の知人男性がベランダで水掃除をしながら子どもと遊んでいたところ、たまたま水が漏れてしまった」「自分は不在で事情を知らなかった」と釈明したそうだ。渡部は「謝罪しました」と言うものの、記者に「住人への謝罪はなかったと聞いている」と問い詰められると、「コンシェルジュには謝罪したと」と言い直したという。

 渡部のご近所トラブル報道に対してネット上では、「住人に謝罪しなくちゃ意味ないじゃん、プライド高すぎ」「常識があったら菓子折り持って謝罪するでしょ」「いなかった、知らなかったって責任転嫁するな」など否定的な意見が出ており、またしても渡部のイメージダウンにつながってしまったようだ。

佐々木希にも「ちゃんと謝りに」と苦言

 知人男性がベランダの掃除をするというシチュエーションを不思議がる声もあるが、今年8月に放送されたおぎやはぎがパーソナリティを務めるラジオ『JUNKおぎやはぎのメガネびいき』(TBSラジオ)では、矢作兼が<唯一、渡部さんが会っているのはいけだちゃんなのよ>と、後輩芸人「いけだてつや」だけが渡部の近況を知ると明かしていた。後輩芸人であれば、ベランダの掃除を任せるということもあるのかもしれない。

 ただ今回の記事が事実であれば、妻の佐々木希も下の階の住人に謝罪をしていないことから、佐々木にも批判の目が向けられている。佐々木のInstagramコメント欄には「水漏れしたらちゃんと謝りに行きましょうね」といった苦言が複数寄せられた。

 渡部夫妻は芸能人であることに加え、未だ不倫騒動の渦中ということから直接の住人への謝罪を避けたのかもしれない。しかしその結果、非礼に怒った階下の住人から週刊誌に暴露されるという展開になってしまった。

 渡部のInstagramには今現在も膨大な数の批判や誹謗中傷が書き込まれており、今回のご近所トラブル報道によりいっそう激化した模様だ。これではますます、活動復帰が遠のくばかりだ。

「渡部建と佐々木希に近隣住民が苦情…謝罪なしで「プライド高すぎ」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。