堂本光一、ジャニーさんが愛した「美 少年」への思い明かす。佐藤龍我の舞台降板で

文=田口るい
【この記事のキーワード】

KinKi Kids公式サイトより

 女優・鶴嶋乃愛との“お泊まり愛”が報じられ、ジャニーズ事務所から一定期間の活動自粛という処分が下されたジャニーズJr.内グループ「美 少年」の佐藤龍我。佐藤は活動自粛に伴って、King & Prince・岸優太と神宮寺勇太の主演舞台『DREAM BOYS』を12月22日以降、当面のあいだ休演することとなった。

 『DREAM BOYS』は昨年9月の公演でも、出演者だったジャニーズJr.内グループ「HiHi Jets」の橋本涼と作間龍斗のベッド写真や未成年飲酒を疑われる写真が流出し、2人は年内の活動を自粛することに。同時に『DREAM BOYS』も降板していた。

 昨年に続き、出演者がスキャンダルで降板してしまった『DREAM BOYS』。ネットでは「ドリボって呪われてる?」と嘆くファンの声も少なくない。

 また、今回活動自粛処分が下された佐藤は、昨年の同舞台にも出演しており、橋本や作間がスキャンダルが原因で処分されたことを当然知っている。そのため、「作間くん、橋本くんの件を近くで見てきたんじゃないの?」「どれだけ周りの人が大変だったか、知ってるはずでしょ?」と厳しい指摘も出ている。さらに、主演の岸優太と神宮寺勇太のファンは「Wゆうたに迷惑かけないで」と佐藤への怒りをあらわにしている。

 ファンが混乱する中、同舞台の演出を手がける KinKi Kids・堂本光一がファンクラブ会員向けの有料ブログを更新。舞台を降板した佐藤について触れ、厳しくも愛あるメッセージをつづっている。

 光一は<彼とは電話で話しましたが 深く反省しておりました まだまだこれからの子です>としたうえで、<美 少年というグループはジャニーさんが愛したグループです><舞台は龍我が休演しても変わりなく素晴らしい空間を彼らが作り上げる事でしょう>と、美 少年メンバーを鼓舞。同時に、佐藤の今後のいっそうの成長に期待の言葉を寄せた。

 また、佐藤が所属する「美 少年」メンバーも、一人ひとり有料ブログで今回のスキャンダルを謝罪している。

 ひときわ厳しい言葉を投げかけたのは、佐藤より一つ年上で、とても仲が良いというしっかり者の那須雄登だ。那須は<佐藤龍我には、学生という立場を改めて弁えさせ、猛省するよう僕たち5人もサポートして参ります。本当に申し訳ありませんでした>とつづっている。

 「美 少年」は2016年11月、藤井直樹、那須雄登、浮所飛貴、岩﨑大昇、佐藤龍我の5人で結成され、2017年4月の舞台『ジャニーズ銀座2017』の公演開始数日前に最年少の金指一世が緊急加入したという経緯がある。

 途中加入のメンバーがいると、オリジナルメンバーと温度差が生まれて関係性がぎくしゃくすることも珍しくないが、金指を含めメンバー同士はとても仲が良く、「美 少年」を可愛がっている先輩グループ・嵐の“わちゃわちゃ感”を彷彿させるとファンには評判だ。このスキャンダルを糧に、よりグループとしての絆を強めていってほしい。

「堂本光一、ジャニーさんが愛した「美 少年」への思い明かす。佐藤龍我の舞台降板で」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。