山田優が事務所から独立も、広告塔コスメに肌トラブルリスクが浮上で物議

文=田口るい
【この記事のキーワード】
この投稿をInstagramで見る

山田優(@yu_yamada_)がシェアした投稿

 モデルの山田優が23日、インスタグラムを更新し、所属事務所「アワーソングスクリエイティブ」を年末で退社することを報告した。

 山田は同事務所に22年間所属。今後は個人事務所を立ち上げるという。新たな第一歩を踏み出そうとしている山田に、ファンからは「これからも優ちゃんを応援しています」「頑張ってください」と激励のコメントが相次ぎ、山田とともにかつて「CanCam」(小学館)看板モデルとして活躍していた押切もえも「優のこれからの活動がますます楽しみ」とメッセージを寄せている。

 退社後もしばらくは前事務所にサポートしてもらうとのことで、円満退社のようだが、このところ山田の周辺には不穏な空気も漂っている。山田がアンバサダーを務める「V3ファンデーション」に良からぬ疑惑が浮上しているのだ。

 「V3ファンデーション」は、美容商材販売やエステティックスクールの運営などを手がける「CHARIS&Co.」が今年3月頃より販売。「ヒト臍帯血幹細胞培養液がコーティングされた針状成分・イノスキピュールが3000本配合された培養液をまとう事で、長い時間お肌に美容成分が留まる」「シワ、たるみ、ほうれい線、メラニン量、保湿、ハリの改善効果が期待できる」といった謳い文句で、多数の美容誌や女性誌に掲載された。

 アンバサダーを務める山田優はもちろん、インフルエンサーやYouTuberがSNSで使用感をレビューしていたこともあって、SNSでバズったコスメとして「Yahoo!検索対象2020」のコスメ部門賞を受賞している「V3ファンデーション」。サロン専売品のため、美容室やエステサロンなどで販売されているが、入荷しても即完売するほどの人気を誇っているという。

 業界初のイノスキピュール入りファンデーションとして注目を集めている「V3ファンデーション」だが、美容外科医の上原恵理氏はかねてよりこのファンデーションの危険性について警告していた。6月にはツイッターで、フォロワーからの質問に答える形で「V3ファンデーション」のリスクを説明。

<(V3ファンデーションの)主張が本当ならば ①シリカの針が角質を越えた層(薬機法違反)まで刺さる状態が最大72時間 ②針を伝い本来は皮膚に入るはずのない物質が入りアレルギー等リスク ③全成分を見るとケミカル ④針でリフトアップではなく腫れ ⑤皮膚刺激による肝斑悪化>

 また、上原氏は12月8日のツイートでは、宣伝であることを気づかれないようにPRする、いわゆるステルスマーケティングを利用しているコスメについても苦言を呈している。

<美容リテラシーを高める努力をしない人は、ステマを信じて肌をぶちこわす。流行ってる風製品はメディアにお金積んで広告、インフルエンサーにお金積んでステマ。そんなのあるあるな事。 憧れの人がおすすめしてて、有名コスメ雑誌で取り上げられてたから凄い製品なんだと脳死しないでください>

 化粧品にしろ何にしろ、インフルエンサーの言葉はあくまでも「個人の感想」で、雑誌のページも広告だ。良い情報だけを鵜呑みにせず、自分に合った商品をそれぞれに探していくしかないのだろう。

「山田優が事務所から独立も、広告塔コスメに肌トラブルリスクが浮上で物議」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。