ワークマン「耐久撥水ウォームジャケット」を試着!  雨用ウェアなのに着心地最高

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

ワークマン「耐久撥水ウォームジャケット」を試着!  雨用ウェアなのに着心地最高の画像1

 冬はコートやマフラーといった防寒ウェアが欠かせませんが、雨の日はそこにレインウェアをプラスしなければならないから大変。ワークマンの「耐久撥水ウォームジャケット」は、寒さからも雨からも身を守ることができる丈夫なアウターです。耐久性だけでなく、過酷な環境でも快適に過ごせる工夫が満載。果たしてどんな着心地なのでしょうか。

ワークマンの「耐久撥水ウォームジャケット」とは?

ワークマン「耐久撥水ウォームジャケット」を試着!  雨用ウェアなのに着心地最高の画像2・商品名:耐久撥水ウォームジャケット
・価格:2900円(税込)
・素材:表 ポリエステル95%・ポリウレタン5%、裏 ポリエステル100%(ブロックフリース)

 スポーティなデザインが特徴的なブランド「Find-Out」から販売されている同商品。メインに使われている生地は「DIAMAGIC DIRECT(R)」と呼ばれるもので、耐久撥水機能と汚れが取れやすい加工が施されています。豊富にあるカラーバリエーションの中から、今回は宇宙をイメージさせる「コスモ」をチョイス。2900円(税込)というお手頃価格なので、毎日着るアウターにもぴったりです。

雨も風も遮る暖かい撥水ジャケット

 雨用ウェアといえば、ツヤのあるビニール素材かナイロン素材のアイテムがほとんど。しかし「耐久撥水ウォームジャケット」の表面は、なめらかで肌触りのいい質感です。見た目は普通の布と変わりませんが、撥水機能は優秀。強い雨でもほとんどの水をはじいてくれます。

ワークマン「耐久撥水ウォームジャケット」を試着!  雨用ウェアなのに着心地最高の画像3

 一方裏地には、ワッフルのような見た目のブロックフリース生地を採用。触り心地もやわらかく、抜群の暖かさです。袖口は隙間風を遮れるように、手のひらまで覆えるサムホール仕様。前面についたジッパーの裏側には隙間を覆う布地もついていて、雨と風の両方からしっかり身を守ることができますよ。

ワークマン「耐久撥水ウォームジャケット」を試着!  雨用ウェアなのに着心地最高の画像4

 両サイドにはポケットがついていますが、水抜きホールがついているおかげで水が溜まらず安心。撥水加工は洗濯にも強いため、汚れたら手洗いでお手入れしてください。

個性的なジャケットで冬の雨を快適に!

ワークマン「耐久撥水ウォームジャケット」を試着!  雨用ウェアなのに着心地最高の画像5

 個性的で目を引く柄ですが、落ち着いたカラーのファッションにも意外と合わせやすい色合い。購入した人からは、「軽くて薄手なのにしっかり暖かいから驚きました」「撥水性が長持ちするから頼もしいね」といった声が上がっています。寒くて冷たい冬の雨を、「耐久撥水ウォームジャケット」で乗り越えてみては?

「ワークマン「耐久撥水ウォームジャケット」を試着!  雨用ウェアなのに着心地最高」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。