「フードロス削減」ミツカンが一部商品の賞味期限表示を「年月日」から「年月」に変更

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】

GettyImagesより

 ミツカングループ・株式会社Mizkanは、「フードロス(食品廃棄)削減」や「物流効率化」を目指し、2021年1月生産分以降は一部の家庭用食酢飲料商品の賞味期限表示を「年月日」から「年月」表示に変更すると発表しました。

 現在の表示はたとえば「2020.10.20」(印字例、賞味期限は2020年10月20日)となっていますが、変更後は「20年10月」(印字例、賞味期限は2020年10月末日)に。また、賞味期間:「360日」から「390日」に変更になります。

 対象商品は、「ブルーベリー黒酢 カロリーゼロ」など家庭用食酢飲料10品。変更時期は2021年1月生産分より、順次切り替えとのことです。

【対象商品の詳細】
・ヨーグルト黒酢 ストレート/1000ml
・ブルーベリー黒酢 カロリーゼロ/1000ml
・りんご黒酢 カロリーゼロ/1000ml
・ブルーベリー黒酢 ストレート/1000ml
・ざくろ黒酢 ストレート/1000ml
・りんご黒酢 ストレート/1000ml
・まろやかりんご酢 はちみつりんご ストレート/1000ml
・フルーティス ざくろラズベリー ストレート/1000ml
・フルーティス ピーチライチ ストレート/1000ml
・フルーティス シャルドネ ストレート/1000ml

 世界的に深刻なフードロス問題。日本も例外ではありません。まだ食べられるのに賞味期限が切れたからと、売らずに捨てられてしまう食料品。2019年10月には食品ロス削減推進法が施行され、食品メーカーや飲食業界では対応を求められるようになりました。

 たとえばすでに江崎グリコは2016年から、全加工食品の賞味期限の「年月表示」に切り替え済み。オタフクソースや森永製菓も昨年12月から、フードロス削減のためにソースや菓子、飲料など取り扱い商品の賞味期限を「年月表示」に変更しています。

「「フードロス削減」ミツカンが一部商品の賞味期限表示を「年月日」から「年月」に変更」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。