在宅勤務、子育て社員の9割が満足?「自由な時間の増加」「家族とコミュニケーション取れる」

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
在宅勤務、子育て社員の9割が満足?「自由な時間の増加」「家族とコミュニケーション取れる」の画像1

GettyImagesより

 アデコ株式会社が週3日以上在宅勤務をしている子育て中のビジネスパーソン(男性200名、女性200名)を対象に、働き方に関する意識調査を実施し、その結果を公開しました。

 週3日以上在宅勤務で働くようになった時期は、「2019年以前から」10.0%、「2020年1月~3月頃から」35.3%、「2020年4月~5月頃から」41.5%、「2020年6月以降」13.3%。9割が2020年に入ってからであり、最も多かったのは、緊急事態宣言が発令された「2020年4月~5月頃から」で、新型コロナウイルス感染拡大により在宅勤務の普及が進んだことは確かです。

 「通勤手当(通勤手当を経費精算できる場合も含む)と在宅勤務手当の支給状況」については、「通勤手当のみ支給」54.0%、「どちらも支給されている」18.8%、「在宅勤務手当のみ支給」13.8%、「どちらも支給されていない」13.5%。週3日以上自宅で仕事をしていながら、「在宅勤務手当」が支給されていない人は67.5%と約7割に上りました。

 在宅勤務の課題も少なくありません。設備面では多い順に「光熱費が余計にかかる」59.5%、「机やイスなどの家具が仕事に向いていない」49.5%、「プリンターなどの設備が不足している、もしくはない」45.5%。仕事に関しては多い順に「オンとオフの切り替えがしづらい」41.0%、「雑談ができない」40.0%、「業務上の円滑なコミュニケーションが難しい」38.8%との結果でした。

在宅勤務、子育て社員の9割が満足?「自由な時間の増加」「家族とコミュニケーション取れる」の画像2

在宅勤務、子育て社員の9割が満足?「自由な時間の増加」「家族とコミュニケーション取れる」の画像3

 また在宅勤務の勤務時間中、約8割の回答者が「業務外のこと(私用)をすることがある」と答えています。具体的には、「家事」77.8%、「子どもの世話」56.2%、「家族とのコミュニケーション」31.2%。

在宅勤務、子育て社員の9割が満足?「自由な時間の増加」「家族とコミュニケーション取れる」の画像4

 「在宅勤務のメリット」として多く挙がったのは、「通勤時間の削減」87.8%、「子どもとのコミュニケーションの増加」58.8%、「自由な時間の増加」52.8%、「配偶者やパートナーとのコミュニケーションが増える」43.8%など。やはり、通勤時間を負担に感じる人は多いようです。

 ちなみに男女別で見ると、「配偶者やパートナーとのコミュニケーションの増加」は、男性54.0%、女性33.5%。男女間の差は20.5ポイントでした。

在宅勤務、子育て社員の9割が満足?「自由な時間の増加」「家族とコミュニケーション取れる」の画像5

在宅勤務、子育て社員の9割が満足?「自由な時間の増加」「家族とコミュニケーション取れる」の画像6

 課題はありつつも、「現在の働き方の満足度」は、「大変満足」26.8%、「どちらかといえば満足」63.8%。約9割の回答者が、週3日以上在宅勤務という働き方に満足しているようです。「在宅勤務とオフィス勤務の割合の理想」としては、「在宅勤務メインで、必要に応じてオフィス勤務」が最多で56.8%。「完全に在宅勤務」21.3%、「在宅勤務とオフィス勤務を半々」16.0%。在宅勤務を肯定的に捉える人は多いようです。

▼調査概要
調査対象:20~49歳の男女(東京都・愛知県・大阪府在住/従業員300人以上の企業に勤務/週3日以上在宅勤務/子どもと同居)
サンプル数:400人(男性200人、女性200人)
調査方法:インターネット調査
実施時期:2020年11月26日~11月30日

「在宅勤務、子育て社員の9割が満足?「自由な時間の増加」「家族とコミュニケーション取れる」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。