“LGBT YouTuber”キットチャンネル暴力事件、真相はどこに 喧嘩別れし法廷で争う2人の現在

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】
LGBT YouTuberキットチャンネル暴力事件、真相はどこに 喧嘩別れし法廷で争う2人の現在の画像1

キットチャンネル2018年の投稿動画より

 仲良しコンビから一転、泥沼のDV騒動により逮捕にまで発展した出た二人組“LGBT YouTuber”キットチャンネル。2人のYouTubeチャンネルは9カ月前から更新されていない状況で、チャンネル登録者数は下降の一途を辿っている。年の瀬に、この騒動を振り返っておきたい。

 毎回動画の冒頭で「元女子の英翔(えいと)です!」「奏太(かなた)です!」と挨拶する2人は、共にトランスジェンダーの“LGBT YouTuber”を名乗る。体を張った企画のほか、『肥満落下系堕天使アイドル びっくえんじぇる』とのコラボ動画などが人気を呼び、40万人のチャンネル登録者を抱える人気YouTuberとなった。

 英翔と奏太は同居しており、料理上手な英翔が食事を作っている間に動画編集の上手な奏太が仕事をするという仲睦まじい日常動画も上げていた2人。視聴者はそんな仲良しな2人を応援していたが、1月31日、突如、2人の軋轢が明らかになった。動画には英翔がたった一人で映り、「奏太がいなくなりました」と奏太の家出を報告したのだ。

 その後、英翔の暴行によって奏太が約2週間の治療を要する怪我を負い、警視庁が英翔を逮捕する方針だと「デイリー新潮」が報じ、視聴者は騒然。奏太の説明によると、家出をしたのは「言葉と体での暴力」を受けたため。英翔は奏太を半ば監禁するような形で動画編集を強要しており、毎日睡眠不足の状態で仕事をさせられ続けたと告白。罵声を浴びせられ、奏太はどんどん精神的に追い詰められたという。暴力事件はきっかけに過ぎず、長期間にわたり、英翔の虐待を受けていたという話だった。

 これを受け視聴者は、「そもそも英翔の謝罪動画が、奏太を心配したり暴行を反省しているように見えなかった」と英翔への不信感を募らせ、同時に奏太へ同情した。2月2日、奏太は個人でYouTubeチャンネル『かなたいむ。』を開設。失踪に関する動画を投稿し、目に涙を浮かべながら「英翔君との出会いがあったからこそ、今の僕はいます。このような出来事が二度と繰り返されないことを願うとともに、彼自身の今後の人生が幸せであることを思っております」と話すなどして、奏太への応援コメントが殺到。奏太の個人チャンネルの登録者も急速に増えた。

 しかし一方で、英翔を良く知るという人物たちも登場し、一連の出来事に疑義を呈した。それによると、奏太のYouTuberとしての仕事ぶりはイメージとはかけ離れたもので、「居眠りをする」「納期を守らない」「企画を出さない」といった体たらく。英翔に丸投げ状態で、怒った英翔がカッとなって奏太の胸ぐらをつかんだ際、胸のあたりに傷ができたというのだ。英翔もそのような説明に乗り、「申し訳ないと思っています。ですが、この一件から後のことについては、仕組まれていたのではないかと思う部分も多いです」としている。

 失踪前日に奏太と会ったという英翔の妹も「とてもそんな様子(思い悩んでいる様子)は見えなかった」と証言。失踪前日、奏太と英翔と英翔の妹は3人で「ラブライブ!」のライブに仲良く出かけていたそうだが、その日も「すごく良かった!」「泣きそう」「超感動!」とはしゃいでいたという。

 また、奏太は「半ば監禁状態」だったと話していたが、「胸ぐら事件」が起こった時にはすべに別居していたそうだ。奏太の仕事とプライベートのオンオフを分けるため、英翔から別居を何度も持ちかけていたのだという。「同居を続けたい」とう奏太をなんとか説得して、やっと別居を受け入れてもらったほどだった、としている。

 英翔側は、奏太が世間の同情を集め、最高の状態で個人チャンネルを作るために英翔を利用したのでは……と疑惑の目を奏太に向けた。事件後の奏太の行動があまりの素早かったことも含めて計画的だったのではないかということだ。英翔が逮捕されるまでの約2カ月の間に、奏太は個人チャンネルを解説し、動画投稿をしつつ、警察に被害届を提出。週刊誌の取材にも応じ、3月4日には弁護士を通じて英翔の銀行口座の預金を差し押さえた。逮捕当日には英翔の妹に電話をかけ、「昔、お兄ちゃんになにかひどいことをされた?」としつこく聞いてきたそうだ。誘導尋問のようなやりとり、そして電話のやりとりをほかのスタッフが聞いていることに妹は不信感を感じたという。

 また、英翔が逮捕されると、スタッフら数人で英翔の自宅に押し掛け、キットチャンネルの収益が入る振込先を奏太の口座に変更させたという。英翔の勾留中に奏太と共同で使用していたGoogleアカウントの検索エンジンには、「犯罪歴 YouTube 収益化」「犯罪者 YouTube 収益化」と検索していた履歴が残っていたとも英翔側は証言。騒動は泥沼化の一途を辿った。

 双方の意見は真っ向対立しており、外野には真実がわからない。結局、民事裁判で争われることとなった。いずれにせよ、「キットチャンネル」が再び息を吹き返すことはなさそうだ。英翔は現在、新しく開設したYouTubeチャンネル『8ちゃんねる/エラズキッチン』で彼女とのラブラブ動画を投稿するなど、YouTuberとしての活動を続けている。奏太の『かなたいむ。』も継続中だ。チャンネル登録者数は、『8ちゃんねる/エラズキッチン』が3.42万人、『かなたいむ。』が17.4万人となっている。

「“LGBT YouTuber”キットチャンネル暴力事件、真相はどこに 喧嘩別れし法廷で争う2人の現在」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。