藤原基央がBUMP OF CHICKEN「解散」選ばなかった理由明かす 不倫の直井由文は今も活動休止中

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】

 しかしそれでも解散を踏みとどまり、しばらく3人でバンドをやっていこうと決断したのも、やはりファンのためだった。BUMP OF CHICKENの音楽を生きる支えにしてくれているたくさんのファンのために、どのようなかたちで責任をとればいいか、彼らが考え続けた結論は「解散」ではなかった。

<『メンバーのひとりがこういう事態を起こしたので、僕たちのバンドの活動はここまでにします、ここで終わりにします』っていうのはね、僕たちをここまで大切にしてきてくれていた君たちリスナーに対する責任の取り方としてどうしても正しいと思えなかった。それは問題の本質から逃げているとしか思えなかった。そんなけじめの取り方は、一番君たちに見せてはいけないものなんじゃないかなと思いました>
<僕たちはなにがなんでもバンドとして音楽活動を続けなきゃいけないんじゃないかと思いました。BUMP OF CHICKENとして音楽を鳴らし続けることだけが、ここまで僕らを大切にしてきてくれた君たちの信頼を裏切ってしまったことに対しての責任の取り方として唯一のものだと思いました>
(前述ラジオ番組より)

 「CUT」での藤原のインタビューによれば、まずは製作途中の楽曲を仕上げる作業から進めているようで、近況について<3人で音楽活動をやっている時は迷いはないんです。迷っていたとしても、その迷いさえも音符になるというか、それが表現だと思うから>と話している。

 直井の行為はとても残念なものだったが、この出来事を通じてファンと自分たちの音楽にもう一度向き合ったBUMP OF CHICKENが新たにつくる作品は、これまで以上に深みを増すものになっているのかもしれない。

1 2

「藤原基央がBUMP OF CHICKEN「解散」選ばなかった理由明かす 不倫の直井由文は今も活動休止中」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。