オリラジが吉本退所会見で「圧力・降板はない」強調も、思い出される“在京5社、在阪5社は吉本の株主”

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
オリラジが吉本退所会見で「圧力・降板はない」強調も、思い出される在京5社、在阪5社は吉本の株主の画像1

藤森慎吾Instagramより

 お笑いコンビ・オリエンタルラジオの藤森慎吾と中田敦彦が吉本興業からの退所を発表した。

 中田は数年前からテレビへの出演をセーブし、YouTubeで自身のやりたいことをやっていると明言していたことから、吉本退所に驚きの声はさほど上がっていない。一方、中田に引っ張られる形で退所する藤森には意外性がある。藤森は現在、ラジオ・テレビ番組のレギュラーを6本抱えているが、退所により降板となるのだろうか。

 オリエンタルラジオの二人は12月28日にYouTubeチャンネルで、吉本退所についての記者会見を行った。退所の経緯を語った後、藤森慎吾は「現在はレギュラー番組を6本持っているが、今後はスケジュール管理などもすべて自分で行っていく」と説明。

 中田敦彦の「番組がなくなるわけではないんですか?」という質問に、藤森は「今やっている番組は続ける」と明言し、吉本が関係各所に丁寧に連絡を入れて、「これからも藤森をよろしくお願いしますと」と挨拶をしてくれたと感謝を述べた。「ぜひ引き続き」という言葉をもらった番組もあるという。

 さらに中田が「事務所を退所したら番組を降板するというパターンのタレントさんもいる」と深くツッコむと、藤森も最初はレギュラーを失う覚悟をしていたという。しかし、吉本側からは「事務所がテレビ局に働きかけて降板させたりすることはない」と告げられたそうで、藤森自身も「意外だった」と本音を漏らしていた。

 藤森が退所を決意した際、レギュラーを失い、今後テレビ番組には出演できない覚悟をしていたことは本当なのだろう。12月26日に公開されたNEWSの元メンバー手越祐也とのコラボYouTube動画では、テレビ局と芸能プロダクションの関係についてぶっちゃけトークを展開していた。

「目に見えないものが沢山ある」

 手越祐也から「仮に吉本さんを辞めることになったら、テレビには出続けられるんですか?」と質問されると藤森慎吾は、昨年の闇営業騒動によって吉本の内部も色々と変化したと説明。吉本を退所したとしても、吉本側がテレビ局に圧力や働きかけをすることはないという内容の書面も交わしているという。

 しかし、それでもテレビ局側が吉本に忖度をしてテレビ番組には出演できなくなると藤森は予想。手越も芸能プロダクションとテレビ局の間には「目に見えないものが沢山ある」と語っており、事務所を退所した芸能人がテレビ番組に出演できないという文化は、今も根強いようだ。

 思い起こせば「闇営業」問題を説明する会見を吉本に無断で開いたロンドンブーツ1号2号の田村亮は、会見で「僕がすごく不信に思ったのが、『在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから』と言われました。何が大丈夫か分からないですが、もともと好きだった会社がこんな風に変わってしまったんだという思いが募っていった」と明かして大きな波紋を呼んだ。吉本的には、テレビ局などどうとでも懐柔できるものなのだろう。

 前出の退所会見では中田敦彦が「会社側がそう(テレビ局に圧力はかけない)言ったとしても、忖度的な……」と発言し、藤森が「見えないものの話をするのはやめましょうよ! それはしょうがない」となだめるシーンがあった。

1 2

「オリラジが吉本退所会見で「圧力・降板はない」強調も、思い出される“在京5社、在阪5社は吉本の株主”」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。