滝沢秀明がジャニーズ副社長になって激変──消えるジャニーズタブー

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
滝沢秀明はジャニーズ事務所を激変させた──コロナ禍で変わりゆくジャニーズタブーの画像1

滝沢秀明副社長

 山下智久や手越祐也が、長く在籍したジャニーズ事務所を去った2020年。これまで週刊誌が所属タレントのプライベートを“スキャンダル”として報じても無視を決め込むことの多かったジャニーズ事務所だが、昨年は明確な変化が起こっていたようだった。

 まず3月、デビューしたばかりのグループであるSnow Manのリーダー・岩本照が、未成年女性とラブホテルで飲酒をともなう合コンを開いていたと「FRIDAY」(講談社)が報じた。

 合コン自体は2017年に行われたものであったが、未成年がいる酒席に参加していたということ自体が<社会人としての自覚と責任が欠如していることの表れ>であるとして、ジャニーズ事務所は岩本の芸能活動を約4カ月間自粛させた。Snow Manは滝沢秀明副社長が特に可愛がってきたグループであり、この動きはファンたちにも驚きを持って受け止められた。

 その後、日本国内でも新型コロナウイルスの感染が急速に広がり、4月には緊急事態宣言が全都道府県に拡大。ジャニーズ事務所は「Johnny’s Smile Up ! Project」というチャリティー企画の一環として、医療機関へのマスク・防護服の寄付や、タレントが手洗いや外出自粛を呼びかけるなどの社会貢献活動を活発化させた。

 そんな最中でも、NEWS(当時)の手越祐也が複数の女性とパーティーを開催していたことを「文春オンライン」および5月13日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が報じる。ジャニーズ側は手越の軽率な行動を重く見て、チャリティー企画の特別グループ・Twenty★Twentyから手越を外すと発表した。

 その直後、5月23日付「文春オンライン」にて、手越は再び六本木のバーやラウンジで女性と朝まで飲み明かしたことを報じられた。これを受けてジャニーズ事務所は、手越の芸能活動自粛を発表。その翌月、手越は謹慎が明けるのを待つことなくジャニーズ事務所を退所した。

 8月には、山下智久と亀梨和也(KAT-TUN)にも未成年女性との飲酒スキャンダルが報じられた。これも「文春オンライン」だ。記事によれば、山下は飲酒後にタレント活動をしている女子高校生と滞在中の高級ホテルに行き、ひと晩を過ごしたともあった。

 これを受けてジャニーズ側は亀梨に「厳重注意」、山下は「芸能活動自粛」にすると決定。その後、山下は海外から映画出演のオファーがあったことなどを理由に10月31日付でジャニーズ事務所を退所している。コロナの影響で発売が延期となっていた、亀と山P名義のアルバム『SI』は、完成していたにもかかわらず発売中止となった。

 2020年にデビューしたばかりの期待の若手から、事務所を支える人気中堅タレントまでスキャンダルに見舞われた2020年。ジャニーズ事務所の“長男”にも醜聞が報じられた。

 11月には、近藤真彦が25歳年下の女性と5年にわたって不倫関係にあると「週刊文春」で暴かれた。同月、ジャニーズ事務所は<家庭を持つ一社会人による振る舞いとして大変軽率であり、自覚と責任に欠ける行動であったと弊社といたしましては重く受け止めております>とコメントを出し、近藤は無期限の芸能活動自粛に。デビュー40周年記念のコンサートも中止となった。

1 2

「滝沢秀明がジャニーズ副社長になって激変──消えるジャニーズタブー」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。