木村拓哉「がんばりましょう」コラボに賛否 SMAP6人の再集結に一縷の望みも

文=田口るい
【この記事のキーワード】

SMAP「6人」が再び集まる可能性は

 メンバーの仲はもはや修復不可能ともいわれたSMAP解散騒動から4年が経ち、彼らの様子にも少しずつ変化がみられている。

 『さんタク』と同日に生配信された稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾のレギュラー番組『7.2 新しい別の窓』(AbemaTV)では、元メンバーの森且行がゲスト出演し、稲垣とともにジャニーズ事務所に入社した当時を振り返り、そこでは中居や木村の名前も出ていた。

 さらに木村も『さんタク』で、「がんばりましょう」の振り付けを当時、SMAPメンバーみんなで考えたことを明かしており、SMAPメンバーについてごく自然に触れていた。

 また、『さんタク』では、さんまが草なぎの結婚発表について持ち出し、木村はマスコミ向けコメントと同じく「めでたい、めでたい、めでたい」と草なぎへの祝福の言葉を口にしている。もはや彼らの間の“タブー”は消滅しつつあるのではないか。

 2013年4月に放送された伝説の企画、『SMAP×SMAPはじめてのSMAP5人旅スペシャル』(フジテレビ系)では、旅館のカラオケスナックで5人(森且行を除く)がSMAPの楽曲を和気あいあいと歌うシーンが大きな話題になった。中居正広が「SMAPを守れる」と涙を流した数年後、まさか解散してしまうとは、メンバーさえ夢にも思わなかっただろう。

 今も彼らの再集結に一縷の望みをかけるファンもいる。昨年12月28日、東京タワーをSMAPのメンバーカラーで彩るスペシャルライトアップが行われた。これはコロナの影響で来客数が激減した東京タワーがクラウドファンディングで企画した「2020メリークリスマス&ハッピーニューイヤー スペシャルライトアップ」の一環で、SMAPファン有志が支援したものだ。

 SMAPと東京タワーといえば、ずばり「がんばりましょう」の歌詞。感動的なライトアップに勇気をもらった人は多かった。もう昔のSMAPの続きはできない。だがたとえメディアで見える形でなくても、元SMAPメンバーのひそかな交流が再開する日が来たとしたら、ファンにとってこれほど嬉しいことはないだろう。

1 2

「木村拓哉「がんばりましょう」コラボに賛否 SMAP6人の再集結に一縷の望みも」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。