SixTONES、世界に向け“デジタル配信”計画も? 2020年の大躍進

文=田口るい

エンタメ 2021.01.05 14:47

SixTONES公式サイトより

 昨年デビューしたジャニーズグループ・SixTONESが、『オリコン年間ランキング2020』の「アーティスト別セールス部門 新人ランキング」で1位を獲得するという快挙を成し遂げた。

 SixTONESは、2020年に「NAVIGATOR」と「NEW ERA」という2枚のシングルと、初ライブ映像作品『TrackONE -IMPACT-』をリリースし、音楽ソフト(デジタル配信含むシングルやアルバム、ミュージックDVDやブルーレイディスクなどの映像作品)の期間内推定累積売上金額が37.5億円を記録。30億円超えという記録は、2006年度のKAT-TUN以来、14年ぶりとなる。なお、デビューシングル「Imitation Rain/D.D.」はSixTONESの単独名義ではないため、この売り上げに含まれていない。

 「NAVIGATOR」と「NEW ERA」はシングル2作連続で初週売上40万枚超えというヒットを記録しているが、それ以上に初ライブ映像作品『TrackONE -IMPACT-』が発売初週で25.5万枚を売り上げて「1st音楽映像作品のミュージックDVD・BD初週売上」で歴代1位に輝いたことが、「アーティスト別セールス部門 新人ランキング」で1位を獲得したことにつながった。

 ちなみに「アーティスト別セールス部門 新人ランキング」の2位は、シングル「Imitation Rain/D.D.」で期間内推定累積売上金額26.2億円を記録したSixTONES vs Snow Manが獲得。そしてSnow Man もシングル「KISSIN’MY LIPS/Stories」の期間内推定累積売上が15.5億円を記録し4位にランクインした。

 SixTONESの快挙に、ファンはSNSで「すごい以外の言葉が出てこない」「ストはやっぱり最強」と大喜びしている。また、今回のランキングで4位を獲得したSnow Manのファンも「セカンドシングル1曲だけでその順位は強すぎる」と反応。SixTONESがシングル2枚とライブ映像作品1枚の売り上げによって1位を獲得している一方、Snow Manはシングル1枚の売り上げのみで4位を獲得しているためだ。

 Snow Manのセカンドシングル「KISSIN’MY LIPS/Stories」はミリオンセラーを達成。CDが売れないといわれている時代にこれだけの売り上げを叩き出すのは至難の業だ。とはいえ、SixTONESもシングルやアルバムより高額なライブ映像作品を25万枚以上売り上げており、こちらもまたすばらしい功績といえるだろう。

 SixTONESもSnow Manも、ジャニーズJr.として長い下積みを積んできたメンバーが多く、それぞれのパフォーマンス、音楽性が高く評価されている。ともにデビュー1年目ながらすさまじい売り上げを記録できたのは、熱量の高いファンが多いことに加えて、純粋に彼らの魅力的なパフォーマンスが新たなファン層を開拓していることも要因かもしれない。

 SixTONESは1月6日にファーストアルバム「1st」をリリース。本人たちも、走り続けて止まれない魚のようだと自称しているが、このスピード感からは所属レーベルであるソニーとジャニーズはかなり先を見据えた計画を携えた上でデビューに踏み切ったことがわかる。また、彼らが世界進出を視野に入れていることも明白だ。

 それについて、SixTONES・京本大我は、2ndシングル「NAVIGATOR」がアニメ『富豪刑事 Balance:UNLIMITED』のオープニングテーマに、3rdシングル「NEW ERA」がアニメ『半妖の夜叉姫』のオープニングテーマとして起用されたことを絡めつつこう明かしている。

<いずれ配信が始まると、過去の楽曲も同時に配信されるわけじゃないですか。そのときに、SixTONESって昔の曲はダサいって言われたくない。だから恥ずかしくないように、いまから準備しておきたいですね。好材料だと思うのは、僕らの2曲目、3曲目がアニメの主題歌になったことです。アニメって世界で愛されるコンテンツだから、そこにも可能性があるのかな、と>(「GQ Japan」インタビューより)

 これまで彼らの楽曲はフィジカルリリースのみだが、京本はデジタル配信にも目を向けている。当然、日本国外へのアプローチにデジタル配信は欠かせない。これをなくして世界進出など不可能だ。ずっとデジタルに背を向けてきたジャニーズ事務所も、YouTubeに参入し、嵐はSNSアカウントを作りサブスクも解禁。SixTONESはインスタグラム、Snow Manはウェイボで情報発信しており、関ジャニ∞もインスタを開始した。Hey! Say! JUMPのニューアルバムはYouTubeで謎の覆面グループの楽曲としてお披露目され、話題を呼んだことも記憶に新しい。

 彼らの楽曲が世界に向けて放たれる日は、そう遠くないのかもしれない。すでに水面下で計画が着々と進んでいることだろう。

田口るい

2021.1.5 14:47

1987年生まれのフリーライター。教育、転職、就活関連の記事を手がける他、さまざまな生活雑貨や輸入食品を買い漁るという趣味を活かして商品レビュー記事も執筆。国内外のブラックミュージックカルチャーにも興味あり。

INFORMATION
HOT WORD
RANKING

人気記事ランキングをもっと見る