『バイキング』でコロナ緊急事態宣言を激論「意味ないんじゃないか」「究極の後手感」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
『バイキング』でコロナ緊急事態宣言を激論「意味ないんじゃないか」「究極の後手感」の画像1

『バイキングMORE』公式サイトより

 1月5日に放送された『バイキングMORE』(フジテレビ系)では、1都3県に緊急事態宣言を出すべきか否か、そして政府の判断のスピードについて議論が行われた。

 緊急事態宣言のタイミングに関して『バイキング』が行ったアンケートによると、回答者の約7割が「遅い」と回答したといい、MCの坂上忍も<究極の後手感を感じてしまう>と同意。判断の遅さを批判する向きが目立った。

 一方で、レギュラーコメンテーターのお笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一は、<緊急事態宣言出しても出来ることって別に無いじゃないですか。なのに、1回目ほどのインパクト多分ないから、出しても意味ないん違うかっていうのが、菅総理のメッセージなのかなと僕は思う>と異論を提示。

 続けて<それを寄ってたかって知事が集まって「緊急事態宣言出せ」って、「えっ最後俺が全部悪いの?」みたいな>と、菅総理の心情を憶測しながら、<だから、僕は緊急事態宣言出すことに意味あるのかなと思う派なんです>と持論を展開した。

 小杉のコメントについて番組内で深堀りされることはなかったが、ネットでは「正論」と喝采するユーザーや、「総理なんだから最終決定するのは当たり前」と責任転嫁を批判する声など、賛否両輪となっている。

 報道によると、菅総理は今月7日にも緊急事態宣言を発令する方針を固めたという。ただ、前回とは異なり中心は飲食店への休業・営業時間短縮の要請。映画館や劇場は対象外で、小中学校の一斉休校もなし。16日から行われる大学入試の共通テストは予定通り行われるようだ。

 人々の行動を制限することにより感染拡大は抑えられる可能性もあるが、飲食店は昨年から引き続き大きな打撃を受けている。飲食店でパートやアルバイトをしていたものの、解雇やシフトが減ったことで生活が苦しいと悲鳴を上げている人は多い。自粛と補償はセットであり、休業・営業時間短縮を要請するのであれば、合わせて迅速な経済的支援の提示も必須だろう。

「『バイキング』でコロナ緊急事態宣言を激論「意味ないんじゃないか」「究極の後手感」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。