Snow Man宮舘涼太のコロナ飲み会誤報を「週刊女性」謝罪もファンの怒り収まらず「一生許さない」

文=田口るい
【この記事のキーワード】
Snow Man宮舘涼太のコロナ飲み会誤報を「週刊女性」謝罪もファンの怒り収まらず「一生許さない」の画像1

Snow Man「Grandeur」

 「週刊女性」1月19日・26日号にて、女性との飲み会が原因で新型コロナウイルスに感染したと報じられていたSnow Man・宮舘涼太。しかし1月6日、同誌の発行元である主婦と生活社が<そうした事実の確認はできませんでした>と、公式サイトに謝罪文を掲載した。

 当該記事では、宮舘が女性との飲み会で新型コロナウイルスに感染し、それを知ったジャニーズ事務所の副社長・滝沢秀明氏が「もう活動させない」と激怒、滝沢氏に𠮟り飛ばされた宮舘が「クビになる」と周囲に泣きついていると伝えていた。

 しかし、主婦と生活社は一転して<『週刊女性』1月19・26日合併号にて、Snow Man宮舘涼太さんが昨年12月に女性と飲食をしたことが新型コロナウイルスに感染した原因であるという記事を掲載しましたが、そうした事実の確認はできませんでした。宮舘涼太さん及び関係者にお詫びをして、ここに訂正いたします>と謝罪。

 宮舘は昨年12月21日にコロナ感染が判明し、残りのSnow Manメンバー全員が濃厚接触者に該当するとして活動を自粛。グループとして初出場する予定だった『NHK紅白歌合戦』をはじめ、年末年始の仕事をキャンセルせざるを得ない状況だった。宮舘もメンバーも、彼らを応援する多くのファンやスタッフも、非常に悔しくつらい思いをしたはずだ。宮舘の体調も詳しく伝えられていなかったため、心配されていた。

 そんな中で宮舘が女性との飲み会という不要不急の外出によってコロナに感染していたことが報じられると、ネットの反応はさまざまだった。「舘様はこんな時期に飲み歩くような人じゃないと思う」と報道内容を信じないファンも多かったが、一方、報道を信じて「自覚なさすぎ」「自業自得」と宮舘を批判するユーザーも見受けられた。また、Snow Manは昨年、リーダーの岩本照が過去に未成年女性とラブホテルで飲み会をしていたと報じられ、活動自粛という処分を受けた経緯があったため、「女性スキャンダル多すぎ」と落胆する声も出ていた。

 5日にはジャニーズ事務所が宮舘以外のメンバーの活動再開を発表したが、<宮舘につきましても、活動再開の目処が立ちましたら、改めてご報告いたします>と宮舘のみまだ復帰の目途が立っていないことが明らかに。この時、宮舘が女性との飲み会でコロナに感染したという報道がすでに出ていたため、「もしかしてあの件で謹慎?」「脱退とかないよね?」と不安に襲われるファンも少なくなかった。

 結局、ファンを大混乱させSnow Manの名誉を傷つけた件の報道が事実ではなかったことが発覚すると、「謝って済むことなの?」「名誉毀損でしょ」「一生許さない」と、ファンの怒りは頂点に達している。

 そもそも、新型コロナウイルスの感染がこれまで以上に急拡大し続ける今、感染者が差別や誹謗中傷を受けたり、良からぬ噂を立てられたりすることが問題になっている。これだけ感染が広まっている状況では、いくら対策を徹底していても、いつ誰がどこで感染してもおかしくない。もはや感染経路を追うことも困難だ。いたずらに感染者を追い詰めるような情報は不要だろう。

 なお、宮舘はPCR検査で再び陽性反応が出たため、活動再開はしばらく先になるという。体調が気がかりだが、しっかりと完治させ、元気な姿をみせてくれるはずだ。

「Snow Man宮舘涼太のコロナ飲み会誤報を「週刊女性」謝罪もファンの怒り収まらず「一生許さない」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。