水溜りボンド「チケット炎上事件」のライブが中止に。毎日投稿を終え「不安はあるし、そんなのばっかりです」と弱音も

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 このところ不調のYouTuber・水溜りボンド。過去には出す動画どれも100万回再生を超えることが当たり前という時期もあったが、現在は15~20万回再生をウロウロしている。チャンネル失速につながった一つの要因は「チケット炎上事件」だ。

 昨年10月30日、水溜りボンドはイベント『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)リスナーアミーゴフェスティバル』のチケットが即完売にならなかったことについて愚痴る動画を投稿。数時間前にチケットが販売されたばかりにも関わらず、即売り切れにならなかったことについて2人は「腹掻っ捌こうかなと思った」「シンプルに実力不足」と悔しさをにじませ、「うわあ! すげえじゃん! めっちゃ一瞬で完売したじゃん! っていうふうな、みんなで喜べる空間にすべきだった」「売り切れなかったから皆に完全な喜びを提供できない」と話した。

 だが、その中で「ファンとの距離が遠くなった」と不用意に発言したことで、ファンの不満は爆発。動画には「このままだと本当に裸の王様になっちゃう」「(コロナで)不況の世の中で8500円のチケットは高すぎる」「最近はYouTubeをビジネスとしてやっているように感じる」といったコメントが大量に書き込まれた。

 これ以降、一気にファン離れは加速。トミーは坊主にして反省を示し初心にかえるとしたものの、チャンネル登録者数は減り続けた。

 そして残念なことに、新型コロナウイルス感染の拡大を受けて東京都と埼玉、千葉、神奈川3県を対象とする緊急事態宣言が発令される状況となり、『水溜りボンドのオールナイトニッポン0(ZERO)リスナーアミーゴフェスティバル』は中止に。主催のニッポン放送は公式ホームページで中止の事情を説明し、チケットの払い戻しも1月13日を目途に案内するという。

 12月31日には丸6年、2240本続けてきた毎日投稿も終了し、「お休みをいただきます」と宣言した水溜りボンド。「正直これほど怖いことはないです」「不安はあるし、そんなのばっかりです」と、2人も悩みながらの決断だったことを明かした。

 コメント欄には「毎日投稿を終えて、いろいろなことを整理してまたYouTubeに動画を載せるのでお待ちいただけると幸いです!!明確に何日休むかまだ決めていませんので、またここのコメントなどで報告します!」と書き記している。2021年は水溜りボンドにとって勝負の年となりそうだ。

「水溜りボンド「チケット炎上事件」のライブが中止に。毎日投稿を終え「不安はあるし、そんなのばっかりです」と弱音も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。