空気が乾燥する季節、快適な湿度は40~60%でも加湿器ユーザー少なく?

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
空気が乾燥する季節、快適な湿度は40~60%でも加湿器ユーザー少なく?の画像1

GettyImagesより

 一般財団法人サニクリーンアカデミーが、「冬の快適な部屋」をテーマに調査を実施し、その結果を公開しました。

 それによると、回答者の95.7%が何らかの暖房器具を使用して暖をとっています。使用する暖房器具には地域性があり、これは積雪の有無、住宅設備などが関係しているようです。

空気が乾燥する季節、快適な湿度は40~60%でも加湿器ユーザー少なく?の画像2

 全国平均では、エアコンを使う人が最も多くて58.0%でした。確かにエアコンは手軽に温かさを得られますが、一方で気になるのが空気の乾燥。乾燥による肌トラブルやのどの痛みなどの不快な症状に悩む人も多いのではないでしょうか。

 しかし、今回のアンケートによると、乾燥対策で加湿器を毎日使用しているという人は19.5%。快適とされている湿度40~60%ですが、快適な湿度をまったく把握していないという人は50%もいました。

 サニクリーンアカデミーでは、新型コロナウイルス感染対策としての家庭での室温や湿度、換気のポイントなどを紹介しています。ぜひ参照してみてください。

リーフレット:https://www.sanikleen-academy.or.jp/aboutus/pdf/sk_academy_leaflet.pdf

▼アンケート調査概要
アカデミーリサーチVol.14「冬の寒い時期、温度と湿度どちらを大切にしていますか?」
調査地域:全国
調査対象:男女、20〜60代
調査期間:2020年8月27日〜9月3日
有効回答数:400 サンプル

「空気が乾燥する季節、快適な湿度は40~60%でも加湿器ユーザー少なく?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。