副業月収の理想は約13万でも現実は…希望と実際の厳しいギャップ

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
副業月収の理想は約13万でも現実は…希望と実際の厳しいギャップの画像1

GettyImagesより

 「マイナビ転職」が、副業経験または副業意向がある会社員・公務員800名を対象に「副業に関する意識調査」を実施し、その結果を発表しました。

 それによると、副業経験のある回答者のうち、副業で得たい希望月収は平均13万2546円。しかし、実際に副業で得ている/得ていた月収は平均5万9782円。希望と実態の差は7万2764円と、2倍以上の乖離があるようです。

副業月収の理想は約13万でも現実は…希望と実際の厳しいギャップの画像2

 回答者全体に副業を始めたいと思った理由(複数回答)を聞いたところ、多い順に、「小遣い・趣味に使える収入を増やしたい」52.8%、「将来への備え・貯金を増やしたい」48.3%、「将来の収入への不安を感じた」40.4%。副業を通して収入を増やしたいと考えている人が多いことがうかがえます。一方、副業によってスキルアップを目指したい、生きがいやライフワークを見つけたいという人は2割程度でした。

副業月収の理想は約13万でも現実は…希望と実際の厳しいギャップの画像3

 希望月収には届かなくとも、実際に副業経験のある回答者に満足度を聞くと、副業を始めて「やや満足」46.4%、「とても満足」19.1%と過半数以上の人が満足しているようです。満足しているという回答者は、「やりがいを感じた」32.8%、「視野が広がった」31.4%、「人脈が広がった」31.4%など、たとえ希望の収入に届かなくても、得られるものがあったということでしょう。

 回答者全体に、副業で実現したいことを転職して「本業」で実現できると思うかを質問したところ、「実現できる」と回答した人は33.5%と約3割。現実的に収入が見込めるか、生計が立てられるかを踏まえると、現在の仕事を続けながら、あくまで「副業」としてやりたいという人が多いようです。年代別では、20代では「実現できる」の回答率が最も高く、4割を超えていました。

▼調査概要
マイナビ転職「副業に関する意識調査」
調査期間:2020年11月13日~11月16日
調査方法:3年以内副業経験、または副業意向がある会社員(正社員)・公務員を対象にWEB調査を実施
有効回答数:800名(内訳:20歳~59歳の年代ごとに200名)

「副業月収の理想は約13万でも現実は…希望と実際の厳しいギャップ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。