YouTuberエミリンが不倫疑惑を否定し謝罪、過去の炎上も蒸し返される事態に

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】

 人気YouTuberのエミリンが自身のYouTubeチャンネルに黒スーツ姿での“謝罪動画”を投稿し、カメラマンのT君との不倫疑惑を改めて否定した。昨年からカメラマンであるT君との不倫疑惑が囁かれていたためだ。

 エミリンはT君との水族館デートの動画を投稿したり、T君とお似合いだというコメントにいいねをつけていたりしたのだが、T君が既婚者であると視聴者が特定し騒ぎ出すと、そのコメントをすべて削除。これが不倫疑惑につながって炎上状態になっていた。

 昨年12月29日の動画でもエミリンは不倫を否定し、コメントを消した理由について、T君の個人情報だと判断したから「よかれと思って」消したのだと説明。お似合いというコメントにいいねをつけた理由も、「読んだよ、の意味を込めていいねをしているので、そのコメントだけいいねをつけないのは不自然」と判断したと答えていた。自分はなにも匂わせていないのに、視聴者がくっつけようとして騒いだ結果だと言い、「私、不倫とか許せないほうの女なので」「不倫とか浮気は絶対ダメ!」「やってる人だめだよホントに」と明言した。

 しかし、この動画がさらなる炎上を招いた。一部の視聴者が、エミリンはそれまで様々なコラボ動画で恋愛トークを繰り広げる中で、不倫を肯定する発言を何度もしていたと糾弾し始めたのだ。たとえばヒカルとのコラボでは、「一緒に生活する人とエッチをする人は違うでしょ」「普通に性行為は他のとこでしてくるねっていうのはもう全然OK」と発言していた。もちろん恋愛観を含め、人の価値観は変化して当たり前なので、過去の発言がすなわち今の価値観に直結しているとも言えないが……。

 この一連の流れでエミリンのチャンネル登録者数は3万人も減少。エミリンは改めて謝罪動画を出すに至ったというわけである。

 だが一部の視聴者はもはやT君との不倫疑惑などどうでもよくなっているようで、エミリンの「コロコロ発言の内容が変わる」「平気で嘘をつく」「ほかの炎上事件はたくさんあるのにそれについてはまったく謝罪しない」ことに憤慨しているようだ。一気に過去の炎上事件のことまで飛び火して、コメント欄で視聴者の不信感が爆発している印象だ。

 エミリンの“炎上”で最も大きかったものは昨年、緊急事態宣言が発出された自粛期間中のことだ。エミリンは東京都のCMに出て自粛を呼び掛けていたが、外出して友人のYouTuberとコラボ動画を撮ったことで批判が噴出した。

 するとエミリンはTwitterで「この動画は外出自粛要請前に撮影したものです。現在は不要不急の外出を控えております」と釈明したが、動画に映っていたお菓子が4月発売のものであることがわかり炎上が加速。しかし一切謝罪もなく件のコラボ動画を消してしまったうえ、エミリンが「自粛」という言葉をNGワードに設定しており、「自粛」という言葉を使ったコメントを投稿できないことものちに露呈した。

 また、今回新たに投稿した不倫否定動画のコメントが承認制なことも、Twitter上でエミリン批判につながっている。

 過去には、裏アカウントでアンチに向けて「(動画を)削除したのは、ネタをネタとして受け取れず、勘違いして文句言ってくる馬鹿が多いからですよ。あなたのようにね」とツイートしていたことも発覚していたエミリン。2020年はテレビ出演の機会も増え、人気YouTuberの地位を確立したかに見えたが、今年は不穏な幕開けとなってしまった。

「YouTuberエミリンが不倫疑惑を否定し謝罪、過去の炎上も蒸し返される事態に」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。